おでん

先週初めから気温が下がり、室温でも25℃を下回るようになった。
良いっすね。暑がりのワシでも半そで短パンならちょうどよく快適に過ごせる。
12月にはついに、6月輸入の炬燵を使えるかもしれんな。設置場所を考えておこう。やっぱ犬除けを兼ねてロフト部分かのぅ。

先週末はカレーストックを補充したのだが、冷凍庫に、投げ売りの際に買って突っ込んでおいたいか巻きを発見。
数か月前のものでいくらなんでも古いので、使ってしまうべしということで久しぶりにおでんも作った。

続きを読む

カテゴリー: 台湾生活 | 2件のコメント

暑いのぅ

今日から11月だが、日中は室内が30℃を超えた。
窓開け放ち+扇風機で耐え抜き、今ようやく30℃を下回った。

23:20の室内

さっきまで汗だくだったが、ようやく汗が流れなくなった、という感じ。

19:00頃、犬の散歩と食材買出しで外に出たのだが、さすがに室内よりかなり低めの気温で歩きやすかった。26℃くらいじゃないかと思う。
26℃など十分暑い領域だと思うが、「寒い寒い」などと言いつつ歩いている”小皇帝陛下”がいらっしゃる。全く信じられんな。

カテゴリー: 台湾生活 | コメントする

海を作るの巻

先日ピンセットを買いに行った雑貨屋で、3m対応の長い突っ張りタイプの伸縮棒を見つけた。
現在寝泊まりもしているオフィスのベランダは2.2mなのだが、突っ張り棒は1.8mとかなのでダメだったのだ。
しかしこれで対応できるので早速購入。

しかし外に干すとハンガーが動くので、押さえるクリップがほしい。
対応できるピンチが近隣にないので、昨日ドリルビットを買いに行った際に、39元均一を謳いつつNTD39を超えるものも多い変な店DAISO(大創)にも寄って買ってきた。

そのDAISOで、なんかたくさん朝鮮文字の書かれた展示ケースを見つけた。これはNTD39。
ちょうど先般竣工の陽炎が入るサイズなので、磯風の分も合わせて2つ買ってきた。

ベースが黒の透明ケースなのだが、せっかくなら海面を用意して飾りたいところですな。
そんでちょいと、海面構築を考えてみた。

続きを読む

カテゴリー: 模型 | コメントする

ゼカソイ

“磯風”も竣工である。

笑っているうちにやめような。

“陽炎”で勘を取り戻した分わずかに出来が良くなっている。

続きを読む

カテゴリー: 模型 | コメントする

牽手/放手 全熟/半熟

今日は朝からDrone作り。0.6mm径の塩ビ棒に0.2mm径深さ3mmの穴をあける、というなかなかの苦行を久しぶりにやっていたのだが、やがて、ピーン、といい感じの音が。予備のないドリルビットを折ってしまったですよ。

なのでビットを調達してこなければならない。が、0.2mmなんちゅう小径は近所では売っていない。
まぁ、出かけますかね、銀行にもいかにゃならんし、というわけで作業中断外出決定。
銀行は捷運站のすぐ前なので捷運で行くことにする。と、候補は、西門町・台北車站・忠孝新生、のどれか。
大した差はないけど近いので西門町に行くことにした。

続きを読む

カテゴリー: 台湾生活 | コメントする

網路銀行ドングルキー更新

日中、銀行からオフィスに電話があった。
銀行処理のWeb操作で、承認作業を行うためのハードウェアドングルキーが1年で更新なのだが、その期限が迫っているのだ。
今までは4年間は自動更新だったのだが、なぜか今回は登記簿と印鑑を持って窓口に出向き、NTD1000の更新料が必要だとか。

理由を聞いてみると、直近6ヶ月の承認回数が28回しかない、とのこと。
自動で無償の更新には直近6ヶ月で60回以上の承認が必要なので、確かにぜんぜん足りませんな。
今年は6月まで東京駐在で台北は停止状態だったので、回数が激減したっちゅうわけで。

更新しないと出金のたびに毎度銀行に出向いて時間を取られるし、出張中に出金が必要になった際にやりようがないのでやはり更新は必要。
手間だが、10月末までに出向いて更新せねば。

カテゴリー: 台湾生活 | コメントする

ピンセット

前エントリに続いて。
現在1/700″磯風”建造中で道具は仕事用のものを使っているのだが、やはりよろしくない。
ニッパーやナイフ、精密やすりやリューターなどは良いのだが、ピンセットはいかんで遺憾。
接着剤や溶け出した塗装が先についてしまい、仕事で精密作業をする際に影響が出そうだ。

やはり遊び用は別途用意すべし、と考え、犬散歩の際に近くの市場の雑貨屋に出向いた。

続きを読む

カテゴリー: 台湾生活, 模型 | コメントする

吉欣模型訪問

以前触れた”吉欣模型”、行ってみましたよ。帰りに龍山寺で線香上げてきた。

建物は倉庫かガレージのような感じ。構えも小さい。品揃えは多くはない。萬年大樓の在庫豊富なほうと比べると半分以下。
この店が”有名”な理由は、たぶん店主のせいであろう。
おそらく親子であろう大老闆と小老闆がいるのだが、大老闆がとかく話好き世話好きで、そらもうガンガン話しかけてくる。
ゴリゴリ話すだけに知識もあり、ほしいもの必要なものを選び出す上で有用なんだが、一人でじっくりゆっくり考えたいんだがなぁ、という向きにはウザいかも。
あと、珍しいことに商品管理が良い。模型屋なんぞは日本でも古いキットは日焼けしたりつぶれた箱だったりするのが当たり前だが、ここの商品は古いものでも新品っぽい。
(特に年少の)客が手にとって選ぶ際も、丁寧に扱うこと、箱の角を持ち傷めないようにすること、など突っ込んでおる。
ウザいっちゃウザいんだが、これは有用。よく大型部品が反っていたりするが、こうきっちり管理していればそういう問題も減るだろう。
あと、アフターパーツ(ディテールアップパーツ)と便利小物が多かった。萬年大樓と併用がよさそうだ。

狙いの坂東太郎”利根”はここにはあった。買いはしなかったが。
いつ買うかわからん、というのに、取り置いてくれるんだそうだ。良いのかのぅ。

ともあれ今は隙を見て”磯風”を建造だ。
ところでこの磯風、組み立て検討中にちょっとがっかりなことを見つけた。

続きを読む

カテゴリー: 模型 | コメントする

かけそば検討

今週はおとといまで暑かったなぁ。

10月20日 13:00

20日の室温。要クーラー判定ラインの30℃を超えたが、扇風機で耐えた。
昨日からはまた20℃台に下がり、現在27℃。暑いがオシゴト環境として耐えられる。

そんなわけで時折食しているそばについて、今まではとかくもりそばだったのだがかけそばを研究してみる。
わざわざ検討しなきゃならん理由としましては、めんつゆの濃さの問題なんである。
普段使っている味全の”だしつゆ”は、もりでは2.5倍希釈でOKなんだが、かけだと3倍でも濃すぎる。

続きを読む

カテゴリー: 台湾生活 | コメントする

フロゲカ

陽炎、ひとまず完成しているのであります。

やっと会えた!

この時点では忘れているが、このあと軍艦旗もつけた。
空中線は諦めたというか保留というか。理由は2つ、
– マストの固定が弱く、線張りに耐えられない感じ
– 空中線に適した材料がない
そのうち余裕ができたら、アユ釣り金属ラインでも手に入れて、エポキシか何かでマストをしっかり固定して張ってみてもよかろ。
舷窓をつけるかどうかは迷っておる。やるなら艶黒あたりで点々を打つつもりだが、大きさや位置ずれが気になって。
これは1941版だし、開戦以降は舷側の艦名を消して窓はふさいでいたらしいから、このままでも良いかとも思っておる。

続きを読む

カテゴリー: 模型 | コメントする