半島乾麺 Rabokki

先般の第二次カップ麺配布で、”Rabokki”なる半島カップ麺もいただいた。まぁまず南韓モノであろうが、北韓モノの可能性も皆無ではない。
どうも半島インスタント麺にはいい思い出がなく、価格のわりにうまくない、具が致命的に些少、などで気が乗らなかったのだが、まぁ超高級であることに相違ないので過去は捨て置いて試してみようと思い立ったわけですよ。

ものはコレ。拾った写真だが。

いわゆる乾麺でござる。カップ焼きそばだな。
サイズ形状はカップヌードル。日本のあれではなく大陸もの同様の紙二重カップ。するとなんかフォークとか入っていそうだが、それはなかった。

カップ焼きそばなので湯を入れて待って捨てるのだが、説明と挿絵では湯切りしやすい穴があるような書かれ方なのだが、そんなものはなかった。フツーのカップ麺。
同梱の小袋入りの具は半島モノの定番、微細で些少なのでこんなもん入れて湯切りしたら流れ出してなくなってしまうので、湯切り後に入れることにした。微細カットだし問題なかろうて。

で、湯戻し完成。湯を切って蓋取って具とソースを入れて混ぜる。そりゃもう南韓流にゴシャゴシャ徹底的に混ぜる。

ところでここで捨てるために蓋の裏を見たら、薄いフィルムが貼り付いていてそこに挿絵と説明のあった湯切り穴とかがついていた。
つまりフィルムを残して剥がさにゃならんものだった様子。それ初見で見破るの無理だろーよ。説明もないし。

まぁともかく出来たので良し。

うん、致命的に少ない。これはスゴい。もちろんこれ食べかけとかじゃないぞ。
4口でなくなったわ。ホントに味見程度。
上記した”具が少ない”もこれでご覧いただけよう。カップにへばりついたネギのカスが1片見えるだけですな。これは半島カップ麺の特色なので挙げるほどのことではないが。

味は悪くない。が、ソース多すぎだわ。この麺と具の量ならもっとソースは少なくてよろしいのでは?

カテゴリー: 台湾生活 | コメントする

鮪まつり

以前ちょこっと触れたが、担当製品発売前の激務の隙をついて想定通り昨日東港に行ってきたのだ。
もちろん目当ては屏東黑鮪魚季。マグロとカジキの刺し身を喰うのだ。まぁ刺し身っちゅうかブツだけど構わぬ。

いやホントは一昨日4月30日に行こうと思っていたんだが、疲れて動きたくなかったし天気も悪そうだったので1日延ばして5月1日にしたんだな。
但しやっぱり疲労感で行く気満々とはならんじゃったので、まずテキトーに目覚ましも掛けず床につき、起きた時間が7時前ならバス-バス、それ以降なら高鐵-バス、10時以降だったら中止、としてみたら、起きたのは5:40。なるほどバスで生きたいっちゅうことだな。

続きを読む

カテゴリー: 国内旅行 | コメントする

ミラー破損

先日台北市から板橋へ戻ろうと駐輪区画に行ったところ、小姐が一人なんか必死に電話して居った。ベッタリ左側に停めたスクータと御身で区画右端に停めた我が車両を挟むかたちで。

なんやねん邪魔ぢゃのうと思いつつ近づくと、電話を中断し「すみません壊しちゃいました、少々お待ちを」と来た。
見てみると、左ミラーステーがヴァッキリ折れていてモータ&デフロスト配線でぶら下がっている状態。
「警察呼んだのでお待ちを」とか。ここ歩道上だし駐車中だし駐輪区画だし、警察呼んだってねぇ。だがもう呼んだあとらしいのでやむなし、5分ほどで警官到着。

まぁやることは現状見るだけだよね。双方の身分証チェックして”交通事故ではないので双方話し合いで解決すべし”的な調書にサインして終了。

さてモノだが、折れているのはステー。この場合モータがいかれておらずステー部がバラ買いできれば$1000もいかんだろう。デフロスタは使わないので逝っていても何ら構わん。
問題はAssy部品だとかモータ逝っている場合。その場合$2000,3000いかれる。
相手方小姐は当初より修理費負担する気満々でほんの50m先に行きつけの修理屋があるので、一足先に修理屋に持っていって相談するのであとから来てもらうことにした。

で、修理屋。
前回のタイヤ空気漏れの修理の状態とかはなしつつ見てもらう。
このミラー、残念ながらステーごとAssy部品なので根本から全交換となる、と。お値段$3360。
数分後に相手小姐到着、その場で$3360精算して、警察絡んだ件についてはこれにて落着。

車両自体だが、残念ながら在庫はなく時間も遅くて調達もできんということで、翌日朝に調達して交換してもらうことに。その日は外したのみで一旦帰宅。

そして翌日。

片耳だけ芳一号。
修理屋に預けて、その日の帰宅時に引き取って修理完了。

修理後の様子は、まず左だけ新品なので塗装ハゲハゲの右と比べて綺麗すぎて違和感。
もう一つ、たたみきった際の角度があまい。幅が広くなるほどではないが、以前くらいきっちり閉じてほしかったが。
まぁともあれこれでOK。以上完了と。

カテゴリー: カーライフ | コメントする

続 うまぴょい

はてさて接続できるようになった”ウマ娘プリティーダービー”であるが、時間と電池を猛烈に喰うので放置ぢゃったのよ。
いや完全放置っちゅうわけじゃなく、ログインすると毎日なんか何に役立つかわからんゲーム内アイテムをくれるので一応それはもらっておくのだが、もらって受け取りもせず終了、を続けて居った。

その過程で、USのフリーVPNサーバじゃなくても手持ちのAWS東京VPNサーバでつながるようになっていることを発見。
はっきりしないが、どうもPlay storeのアカウント設定状態が絡んでいるような。雑多な登録類に使っているGoogle accountの国設定を日本にしてみて以降通っている感じ。
どうもようわからんのでいつできなくなるか恐ろしいので金突っ込んだりするのは到底できん。
あ、それでついてに面倒なDMM版は止めて電話機に移行したのですよ。それで電池容量バカ食いを発見したわけで。

んでもまー個人VPNでも今のところ通っているわけだし、最初のきっかけである”うまぴょい”ってなんやねんの確認と、大好きだったライスシャワーの宝塚記念勝利を目指して今日は朝から1日ガッツリやってみた。

続きを読む

カテゴリー: 台湾生活 | コメントする

胃痛

だいぶ前からなんか胃が重い感じが続いていたんだけども、先週後半から夕食後にものすご苦しい痛みが出るようになって、一昨日夜からはついになにか食うたびに耐え難い痛みが起こるようになってしまって。

ただ面白いことに、痛いときにはホントーに苦しくて倒れ込んでのたうつほどなのだが、治るときは一瞬、数秒で一気に回復するので、「うおーぬをー苦しい!!・・・あ、ふースッキリ」って感じで。
激しい痛みと苦しさからの一瞬での回復、と、まさに水木家の親父の家庭内あだ名”胃突”ってのがよくわかる感じである。

痛みが来るともう動けんほどなので、買い出しついでに胃薬を買っておいた。

この状態に効く薬と効かない薬があるが、どれが聞いたかもう覚えておらんので勘で潰瘍に効くタイプにした。

ところで家庭常備薬の類は日本のものが多いのだが、日本の胃薬は6包入りとかやたら少ないのはなんだんだろうか。いやキャベジンとかはそれなりの量入っているが、サクロンとかさ。
価格はともかく6包はあまりに少ないので、10包入りの地元モノにしておくぞ。

効果のほうは、重い苦しいはあるが痛いは出ていない。
それが薬効なのかたまたま症状が出ていないのかがわからんが。

カテゴリー: 台湾生活 | コメントする

うまぴょい

日課を終えてちょいと休憩中に思い出した意味不明単語”うまぴょい”。
馬ぴょいなのか旨ぴょいなのか全くわからんが、「うまぴょいする」とか「-したい」とかいった使い方らしい。
もともとSNSで流れてきた単語だが、RSSで購読しているサイトなんかでも出てきてちーと気になったりはしたんだな、一瞬だけだったけど。

そんでまぁ、探ってみようかな、と思い立ったわけですよ。

続きを読む

カテゴリー: 台湾生活 | コメントする

小ネタ集

今週も激務で困ったもんだ。昼過ぎから18:00までなので軽いとはいえ休日なはずの今日も台北市まで出勤ですよ。
しかもソフトウェア問題と思しき不具合で目的は果たせずというね。無念なぁりぃ。

ま、そんなこんなで写真なしの小ネタとか挙げておくのであるよ。

続きを読む

カテゴリー: 台湾生活, 台湾ローカルグルメ, 国内旅行 | コメントする

カップ麺大量入手

台北市の日勤先では三節に拜拜するので線香や金紙のほか供物を用意するわけだけども、まとめ買いしたらしく総務資材として倉庫に積まれておったのだが期限切れ間近になったということで開梱配布と相成ったのですわ。

ほんで総務が花彫鶏麺4個ほど抱えて「花雕雞麵いかがっすかー」と来たのでそらもう大歓迎で引き取りを申し出たところ、作業場から座席に戻ったら花雕雞麵のみならずカップ麺いろいろみかん箱1箱分くらいどっさり積まれておりまして。

そりゃ嫌であろうはずもない、ありがたくしっかり全部持ち帰りましたよもちろん。

乾麺・缶詰・茶葉在庫スペースがいっぱいである。良きかな。

HKカップヌードルが多くて、トムヤムクン風味3個とシーフード4個の計7個。
好物の花彫鶏麺は4個。全部花雕雞麵でも大歓迎だが、まぁ人気だったんだろうな、割当は4個。
他、來一客キムチ味2個に手打麵壽喜燒牛1個、計14個。

5月で期限切れだから食べきれなかったら捨ててね、と言われたが、こんなもな多少期限切れたって問題ないのでフツーにゆっくり食っていくぞ。とはいえ流石に数ヶ月もすぎるとまともに戻らなくなってくるので半年一年後とかはキツいが、そこまでいかんぢゃろ。既に2個食ってしもうたしな。

カテゴリー: 台湾生活 | コメントする

花王断ち

あたしゃ生まれてこの方、日常使う殆どの洗剤類は花王ばかりだったのでして。

記憶がある歳から家を出るまで体は花王石鹸で洗い頭はメリットで洗い、服はアタック等花王洗剤、柔軟剤も然り。
家を出てからは石鹸をやめて液体洗剤になったがそれも花王が多く、洗髪も意識していなかったので覚えていないが花王が多かったような気もする。食器洗剤は花王ではなかったがそもそも数日に1回程度しか使わんし。

ほんでこの頃に30年患いの原因病名ともに不明の皮膚病”手水虫”が出るわけだが、何故か海外出張に出ると1,2日で即治ってしまうんだよな。実に不思議。水なんだろうかね、とか感じておった。
なおこれをうっかり医者に言うと何故か猛烈に怒り出すので言ったのは一度のみ。

なので台北移住後はスッキリ治って、新宿出張期間を除き快適な十数年だったが、一昨年九州に行ったら初日に再発しやがりまして、それがこっちに戻ってもなかなか治らず1年後も発症状態。まー日本時代より軽症ではあるんだが。
これはこれで、台北にいながら強力な薬を手に入れる手段ができたのでOKではあるんだが、本筋としてはやっぱ治したいですわ。

続きを読む

カテゴリー: 台湾生活 | コメントする

差別

今朝Twitterで見かけた差別についての連投、普通なら「ほーそうか」程度で済むことだと思うが、ワシ観点だと非常にまずい。無差別別原理主義の階段を数段登った段階だ。
無差別原理主義では社会は持てないしそれどころかほんの一時も生きられないので、自分含む全てに主義を隠してやりくりすることになって人としてダメになるぞ。

まぁ差別の悟りはまだまだ遥か彼方にあってそれは唯一無二なはずだが、その道程は幾つも分岐があるだろうので、無差別原理主義ルートには行かないことも大いに有り得るだろうと思うのだが、毎日2時間30余年集中して差別について考えた結果無差別原理主義ルートに入り込んだアホとしてはやっぱ気になる。
その先の分岐で良い方向に行くことを期待するのも良いが、まだ数段登った今のうちに飛び降りてしまうほうが良いのではないかと。

無差別原理主義ルートは、登っているというか下っておる感じだぞ。
登ったつもりで下っていたってくらいで悟りまでのルートは4次元的なようでこの道もやがては悟りにつながる確証はあるが、ホントダメよこのルート。
まずね、ヒト以外の生き物すべてが差別なく生きているのか、ということを驕りなく冷静に深く追求するべきさ。ヒトなんぞより何億年も何十億年も先輩なんだから。
それが遅れるとこのルートに行ってしまうぞ。

カテゴリー: 雑記 | コメントする