地場モノそば検討[番外] – 和蕎麦リファレンス

地場モノじゃない輸入モノの話なので番外。

とりあえず第一波5種の検討が終わり、次の検討素材は何にすべぇかとぼんやり探っておったら、目が覚めるモノを見つけてしまった。

取り扱いはなんと全聯。
近場のスーパーもので見るべきっぽい感じの蕎麦ねぇかな、と全聯のWeb売りページを見てみたのだが、

これ発見。
くらし良好は、マヨネーズとかソースとかキモなところで大当たりはしないが堅実なヒットを出すなかなかの好打者なんだよな。値段が地場モノに近いことも含めれば素晴らしいと言える有能選手。
で、以前からくらし良好のそばはあったが、以前はもっと白っぽいパッケージデザインで、”<“がもっと大きかったと思う。
遠い記憶で全く自信がないが製造だか販売だかは葵フーズだった気がうっすら。葵フーズはねぇ、残念ながらハズレそばでよく見かけるところで大店っぽいが個人的には信用出来ないところなのよ。

ところが、だ。

パッケージが見慣れないな、となんの気無しにスクロールダウンするってえと、

うぉい! 製造者が霧しなってマジェスティ?!
日本だと自宅でうまい蕎麦食いたい求道者くらいしかわからんのじゃないかと思うが、製造者霧しな、販売者はくばく、といったらダメそばを出さないすげぇそばディーラーなんだわ。

値段$24.75/100g、少々高めだがさっき玉民 黃金蕎麥日式直麵で言った”$23/100gくらいだったら常備品になり得た”に見合うし、こいつぁ見逃せん。
ただ、このままWeb発注すると配送料$80を加算されて論外なので、下の全聯にあるか見に行かねばならぬ。
一昨日全聯にいったばかりで用事はないのだが、食器洗いスポンジの予備を買うという用件を無理やり付けて行ってみた。

斯くしてあったわ、霧しなのそば。

をーすげぇ、しかもきっちりはくばく/霧しな連合だよ。
くらし良好とはいえ輸入物、継続入手性に懸念があるが連続ハズレそば引きのせいで1年以上正しいそばを食っておらんので評価検討のリファレンスとしてもぜひほしい、ということで購入、しかも2袋。

これさ、はくばく/霧しな連合だしハズさないと思うんだ。そうなると、全聯Webで3袋まとめ売り店舗引取だと$219になるのでそれでまとめ買いストックもアリだよな。
$219/1200gなら$18.25/100g、地場モノ価格ぢゃん。
まー入手できなくなった場合に備えて地場モノ検討は続けようとは思うが五木 信州風蕎麥麵という2軍的予備は見つかっているし、台湾のくらし良好運営”台灣生活良好國際”は全聯總部ビルに居を構えているので入手性懸念は薄めでもあるし、なんかもう解决した感があるなぁ。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。