2023春節環島 – 最終日

初一、新年快樂の今日は環島最終日。
そういえば初日に”環島”とつけてしまってそのままきているが、廻ってはいないよな今回。

太魯閣から台8線で山を登り、台7甲で北上、宜蘭の山中で台7線に入って桃園をかすめて新北板橋へ帰る予定。
距離は短いが、延々山道なので8時には出ておきたい。”よつわはばひろ”くんが多くなると10km20kmとかで引っ張られて抜くこともできず遅くなるのは十分考えられるでな。

天候はOKそう。まー天気悪いから帰還中止でもう一泊なんてことはなくて何れにせよ帰るんだが、雨がひどいなら山道やめていつもの蘇花公路にしていたかもしれん。

前日の入宿時に選んでおいた朝食が7時に届く。
時間は7時8時9時で選べるとのことで、そら8時に出たいんだから7時にしますわな。
種類は3種くらいあったが、鶏ハンバーガーにしておいた。まぁ、なんとなく。

これアタリだった、美味かった。
でも冷めていたので華人、とくに大陸華人にはNGだろうなぁ。

台8線は2000m級の山登りなので、ガッツリ着ておく。まーガッツリったってそれほどでもない、厚めのTシャツに長袖シャツ着てパーカーを重ね、更に風よけのポンチョかぶるだけだ。本格的な防寒装備とかではない。

ほいでもって7:40出発。
天祥の先くらいまでは余裕、何度も来ておるし。
今回は更に登っていく。

標高1500m。だいぶ涼しい。
昨日買った気に入らない色の手袋が役に立っておるわ。

交通量はまぁいつもよりはかなり少ないが、初一の割に多いんぢゃね?って感じ。まぁまぁ引っかかるが、それは織り込み済みなのでまだOKだ。

更に登って2000m。
このへんに来るとちょっと体が冷える感じがある。でもそれは走っているときだけで、止まると”涼しくてええんぢゃね”っていう程度。まぁでも一般的には”寒い”になるんじゃないかな。

更に進むと、先行車2台が止まっていて後ろの車のドライバが”T”のサイン。

あいた通行止めだ。
でも先行2台とも戻ろうともせず待っているのが妙よね。サインも”☓”とかじゃなく”T”出し。
これ、30分に一度通れるようになるのだそうで。
幸い10分弱の待ち時間で通れるようになり、ちょっと休憩、程度で済んだ。

14甲線との分岐のちょっと手前辺りで2500m。

ここに至ると異常な暑がりなワシでもちょっと寒い。ま、”ガッツリ”着込んだから問題ないが。
残念ながら14甲にいくと西部に出てしまうので、3000mは又の機会で。
2600mくらいまでは登ったと思うわ。

更に進んでいくとやがて梨山の梨リンゴ畑地区で7甲への分岐。ここから今回目当ての台7甲線だ。
ちょうど7甲入り口にGSがあったので給油。
7甲に入ると下りで、宜蘭に向けてどんどん標高が下がる。
海抜1500mのところで12時ちょい前、ちっと休みついでになんか食うか、っちゅうわけで、セブンイレブンでコーヒー買って、隣の八百屋で売っていた茹でとうもろこしを買ってみた。

いやまぁごく普通の茹でとうもろこしなんだけどね。高所で冷えた体が戻りきっていないこともあってか、大変結構なお味であった。
見てくれのとおり、ベタ甘タイプではなく餅っぽいとうもろこし。

再出発。まぁあとは普通で余裕なんだが、もういっちょ難所がある。
宜蘭市街に行かずネギで著名な三星手前で7線を桃園方向に入り拉拉山越えをするのね。
7線との合流で13時少し前。これは15:30あたりに帰りつける感じだな。大変宜しい。

だが、7線に入って1時間ほど登ったところで、

ぬおーここまで来て通行止めとか。
いやね実はこの5kmくらい手前に警告は出ていたんだよ。

でもこの看板が出ている時点で1時間近く登ってきていて、避けられる別の道もないので臨時にでも林道とかないかとか勝負かけたのよ。
結果ダメだったわけで。引き返して7線で宜蘭市に出て9線で新店となる。
はーまた9戦だよ、アレは区間速度取り締まりがウザくて嫌なんぢゃよ。意味ねーんだよなあの取り締まり。
カッコだけやたら立派なうるさくて遅い彼奴等は走るのが目的で早く目的地に着きたいとかではないので、ガーッと走って区間終了手前で時間潰せば良いのでむしろ願ったりかなったりだろうさ。普通の取り締まりだと都度そこで減速しないとならんが区間速なら時間潰すだけで済むんだもんな。

ともあれ同じく1時間位かけて戻る。2時間ロスったわ、これで帰着は17:30くらいになるだろう。
で、特段語ることのない宜蘭を抜け9線を騒音に耐えつつクリアし、新店へ。
新店ではまた初日にいた珍走団のうち3台3人にあたった。クッソ邪魔&クッソうるさい。
いやもしかしたら別の珍走団かもしれないが、そうなると新店にはあんなのが多数いるってことになるのでおそらく同じ団であろうて。

辛い終盤を乗り越え、板橋到着。時刻は17:30、きっちり予想通りだ。
このまま帰らず、まずは虫・塩・泥を落としに洗車場へ。

いっぱいなんだよなー。初一からこの混みっぷりですか。
まーもーここは待ちだ。30分ほど待って、2回6分洗って終了。
今まで$20で3分だったのが、$30の3分に上がっていてちょいとがっくり。

以上で終了、帰宅。

今日の結果はこんな行程。

中間あたりで西にちょろっと出ているのが通行止め引き返しの部分。

オイルも交換せんとな。実は先週換えたばかりなのだがまぁもういっちょ換えておくべし。

反省としては、山ルートはラジオ持ってつけっぱなしにするか、こういうのとかで直前にしっかり状態を調べておかにゃいかん、と。
ラジオつけっぱは嫌だし無理だしなので、休憩時とかも路況をマメに確認するべきだろうな。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です