塗装修行 – ルートに復帰

クリアラッカー吹いたら滲んで台無しとか原因不明の落下破損とかで手戻りばかりで全く進まぬ塗装修行、ようやく半月前の状態に復帰。

頭2つと首から下を肌色塗装。
タオルっぽいやつは分離済み。黒塗りが終わったら戻してパテヤスリ塗装の予定。

まぁ実はね、現状いろいろ不具合もあってですな、

予備ヘッド額中央に点状のヒケ & 方々に線が。
肌塗り2段めで気づいたんだが、再度研磨に戻るとまた下地塗りからやり直しだし、もうこのまま進めることにした。
もう一つの頭はヒケも線も出ていないし、何よりまず最後までやらんと。手戻りばかり繰り返すとやがて放置して未完成終了になるでな。
模型に限らずモノ作る上で総てそうだが、出来上がらない << 出来が悪い なのでござって。
そんなわけで、

頭より大きくて修正は楽ではあるが、首から下の線とか荒れた部分とかももうこのままで突っ走る。
桃や膝辺りの荒れは、実は一度塗り2段階目でヤスリがけしたのだ。塗装後だったことが気になりヤスリがけが甘くなってこのとおり。
なのでもうとにかくGoだ。

ところで塗料、GSIクレオスの水性アクリルは乾燥後の修正が利かない(or非常に厄介)なので、エナメルを調達した。

目はこれでいく。色はこんだけありゃええでしょ。
3原色はCMYだな。しかしだタミヤエナメルにシアンだマゼンダはないのだ。白でも使えばよかろう。

カテゴリー: 模型 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください