再打ち直し

今朝は件の漏水検討で、数日止まっていた漏水が久しぶりに起こったので探りを入れたり写真取ったりしていたらうっかり8:00回ってしまいまして。
5月以来エレベータの交換工事中で2基のうち1基しか動いていない都合上、8:00から9:30は大渋滞で30分待っても乗れないこともありなんでして。

んで今日は諦めて日勤先には休業行かぬ旨連絡して引きこもり。
普段なら休日であれ何であれ仕事は進めるところだが、今日は出かけるつもりだったものがごちゃごちゃ頻発する漏水のせいで流れたという思いが強くてイラつくやらでやる気が起こらんにつき仕事はしたくない。
ならば塗装進めますか、ってわけですよ。

パテ埋め部をヤスって均して、下地塗り。
案の定スプレー缶のプライマは途中で切れたので、先般買っておいたプライマを使ってエアブラシ吹付け。
仕上がりの感触はスプレー缶と同等かな。スプレー缶は高いので今後はこれで行こうと思う。

続いて肌塗り。
今回はリターダを入れて乾燥を遅らせてみた。梨の皮状態対策になるかな、と。
2層目まで塗った感じでは、ザラザラにはならず良い感じ。ややテカるがまぁ許せるかな、ってところで。

ところがここで大トラブルが。
2つ塗った頭の顔面の目の下あたりに極小さなゴミがついて、目立つ部分だしナイフの刃先とかで取れないかな、とナイフを取りに行ったところ、塗装ブースから不穏な落下音が。

はい、ボディについているタオルっぽいやつ破損脱落。
塗装ブースの中心付近と落ちるような場所じゃないっちゅうのになんなんだ、何が気に入らんのやら。
接着修正も考えたが、
– 指もろとももげており、3本は破片が見つからない
– 背面塗りのために分割しており、微小でもズレがあると塗装後の組付けが激★厄介
これのため、諦めて再度打ち出しとした。
明日早朝に上がるので、もう一度パテ埋めと磨きからやり直しですよもぅ。
ただ、頭と頭髪は使えるので首から下だけで済むのはちょっとだけ楽ではある。

カテゴリー: 模型 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください