カーテン再々調達

Androidの頃に使っていたGoogle newsがiPhoneにしてから気色悪くて読みづらいフォントを強要してくるのに加え、不定期に音量を0に絞る疑いがあって様子見に削除、Microsoftのやつに切り替えてみていたのだが、これがなんとも使いづらい上にいらん話題ばかり引いてくるのでなんとも遺憾でいかん。ウィジェットもなくてサラッと確認もできないし。
まーでもMicrosoftのやつでは音量異常は起こらなかったのでやっぱりGoogle newsが悪いっぽいなぁ。

んでもやっぱりリーダーとして不満が多いので、Google newsに戻すためにApp Storeを起動したのだが、そういえば以前カーテン購入でコケた原因の易利委はどうなったかな、と見てみたところ、なんかアイコンから変わっているような。
これはひょっとするとワシの居留番号も通るようになっているかもしれん、とインストールし認証を試みますってぇと、以前よりだいぶ詳細に身分状態等指定するようになっているような。
そして鬼門の居留証認識。だが無事に通ってしまいましたよ!
おおぅ、ついに通ったか。

まぁまだ確実とはいえん。アプリで通っただけでシステムで通ったわけじゃないからな。
で、暫し待つ。10分くらいしてから見てみると、”已認証”が。通ったとおったやったねぇ。

でもまだ、まだですぞ。公機関のサービスとか病院の診察予約その他でもさんざっぱら除外を受けまくったワシはまだ疑うぞ。
蝦皮は、(怪しいものが非常に多い)大陸からの発送品出品者が多いせいだろう、購入者情報に予め關務署實名認證、つまり易利委を処理したかどうかを登録しておく項目がある。
これは自己宣言とかではなく、關務署に登録情報があるかどうかを見ている様子。そこでコレに情報登録してみて通るならOKだろう、と判断できるわけですよ。

そこで早速やってみた。が、無事却下。あーやっぱりね~
・・・と思ったものの、”實名認證完了直後は24時間経ってから再登録をおすすめする”とか出ている。
じゃーまー待ってみっか、と、24時間ではないが十数時間経ったところで再度登録してみますと、

うっひょー通った、通ったでぇ!

さて、蝦皮の登録は確認のために使わせてもらっただけでして、本命は大窓のカーテン購入なのですよ。
ならば早速特力屋通販の特注カーテンを発注し直さねばなるまい。

モノはコレよ、前に取り消しやむなしとなったアレ
ただ発注直前までいって製造者と詰めた内容があり、さらに細部までみっちり読み下して考え、既製ロールスクリーンをつけてみた結果からサイズは幅132cm高さ230cmを所望。後からサイズ確認が来るという経験から、今回は備考欄に希望サイズを書いておいてみた。ついでに『製品全幅が135cmを超えてはいけない』とも記した。
他にも、製品全幅135cm以下で遮光布幅が132cmを満たさない場合、125cm以上で最大としたい、とか書きたかったんだが、なんか20文字くらいの字数制限があるようで書けなかった。

総額の1割にも満たないが、待った甲斐あって$300の割引が使えた。関税で飛ぶ程度の微々たるもんではあるがな。

さて、あとは待ちだ。まぁきっと順豐に伝えるから居留番号を知らせろとか来るだろう。
製造+輸送で2,3週かねぇ。製造が読みきれないのでもっとかかるかもな。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください