カーテン交換 手配

壊れて久しい大窓のカーテン、というかブラインドを交換しようとついに思い立ったわけだけども、問題発生ですわ。

受注生産品に決めて注文入れたわけだけども、翌日製造者から電話があって、
「製造にとりかかるんで現場の窓サイズか正確な大きさを知らせるべし」
と。
あぁ、受注生産品すなわち特注品なわけね。言われてみれば製品紹介に 寬119x高219 cm “以内” ってなっちょるわ。

ほいでまぁ若干面倒だが写真撮って各部寸法を書き込み、理想的な希望サイズとかを送信。
270cm x 220cm 1つ がベストだが、大陸で作って順豐で直送するに当たり、1辺最大が198cmにつき270cmは不可であると。
ほなら130cm x 220cm 2つで、としたが、そうすっと高さの220cmはなんとかせんでもないが幅の130cmについては119cmを大きく超えるので 寬149x高250 cm 以内 規格品に変更すべし、とのこと。
お値段$2,799 x2に上がるのでモニョモニョだが、しっかり採寸したぴったりサイズになるなら良いかそうそう替えるもんでもないし、とそれで取り消し再発注。

ところがその翌日また電話きまして。
「通関のために居留証番号知らせなされ」と。
んなもなアンタが輸入して國內発送かけてくれよ、と思うところだがなんか最近こういう自主輸入強制は多いので、ちょいとモニョるがまぁ受け入れようかと思うところ。
だがしかしもう一つ大きな問題。
「”易利委”で事前通関しておくべし」と。
コレは大問題なのよ。
易利委は、通関が提供している事前通関用電話機アプリ(iOSとAndroidのみ)。
これね、他の所々諸々のアプリ類とかLINEのツールとかと同じく、基本台湾籍の身分証のみ対応なのだわ。
居留証番号でも通る人は割と多いようなんだけど、ワシの番号は初期登録でも変更登録でもどうにも通らん。
Yahooの会員登録とかみたいに嘘番号で通すと即座に財政部からお叱りが来るし、どうもならん。

そんなわけで残念、再度発注取り消し。些少な国産品か既成在庫品で再検討だ。

まず国産品は、良いけどバカ高いとか畳んだ状態で窓が塞がる部分が大きいとか問題があってどれも不適。
ならば既製品だが、高さがどうしたって190cm以下しかない。
そこで、最上部の窓を別に切り分け、4分割でやることで190cm以内におさめることにした。
4分割だと4つ買うことになるが、そこはそれまず最上部左右2面は遮光なしにしておいて、台湾籍の友人知人に頼んで特注品を調達してもらい、入手出来たら再度交換すりゃええかな、ということで。
実は既に遠回しに断られたんだけどね。そら面倒だもんなやむをえまい。まぁ数人にあたってみて気長に調達検討するべさ。そのうち”易利委”がワシでも登録できるようになるかもしれんしな。
ホントどうにもならなければあとから2つ買って追加するわ。

既製品検討の結果、候補は2種。

柄物はねぇ、好きじゃないんだよな。安いし特注品調達までの一時しのぎなら構わんところだけど、ダメかもしれんのでやっぱ単色のにしておきたい。
迷ったものの、少々張るお値段は我慢してイミテーション麻のやつを2つ発注。
実店舗も2,3見たが良い大きさのものがなく、他の通販とかも探ったが結局特力屋の代理販売だか転売だかで、結局特力屋にしか候補がなかったわ。

今日日中に発送されたようなので、明日着くと良いっすね、週末に取り付けできる。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください