CJK

毎朝毎晩のフィードチェックで、非常にイラッとする文字が出てきた。
そう、Windows CEの頃から折々嫌だ不満だと言い続けてきた中華フォントだ。

“木”の形部分の払いが離れていたり草冠が2分割だったり酉の中の横線が中空だったり糸へんとかの忄部分が三点足だったり。
何より、しんにょうがくどい。もうあの略体で見慣れているのでフォントでガッツリやられるとどうにもいかんわ。税込みの”込”に至っては”入”の部分も左がかぶっていて”人”状態なのでチラ見でも馴染まん。

WindowsやAndroid等などと違ってiOSはフォントを分けで動かしているっぽかったので表示設定が日本語ならCJKフォントにはならないと思っておったが、ダメなのかこいつも。

念の為システムとアプリの言語設定を再確認して戻ってみたところ、

む、直っておる。
なんだろな、こういう動きをされると全くの原因不明でそれはそれで困るんだが。

ひとまず今まで中華フォントは出ていない。なんなんだろうなぁ。

カテゴリー: ガジェット パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください