かき餅 1

先般買い替えとなった餅つき機としてのパン焼き機、水量の設定が落ち着かん。
前の機械と同じだと粒が残り、勘で増やすと柔らかい。粒残りはイマイチだが柔らかいとカビや腐敗の懸念が増すので困る。もちっと調整を重ねねばな。まー糯米はいつでもヨユーで手に入る体制ができたので問題ないぞ。

柔らかい方はさっさと食ってしまったのだが、粒残りの方はまだ残っていてな。いや正確には意図あって残しておる。
やりたいと思いつつ今までやっていなかったのだが、かき餅を作りたいのぢゃ。
いやそりゃかき餅(っぽいもの)くらいスーパーでも近所の市場でも安くいくらでもあるさ。でもな、良い味のものがないのだ。
あたしゃ甘みのない醤油や塩だけでしょっぱいだけのが好みなのだが、市中のものは大方甘みを感じるし、カレー味だったりもする。
塩味以外に含まれてOKレベルなのは豆とかごまくらいなので、安くても買うのはちっとね。同じ糯米モノでも油飯や肉粽は全くOKなのだが。

ということで粒残りののし餅はさっき密閉を解いた。とりあえず明日まで冷蔵庫内で乾かして、砕くなり切るなりして揚げてやるのだ。
どうやらひび割れるくらいになると良いらしいので、明日夜に見てヒビがなければとりあえず小さく切り分けて更に干してみるつもり。時間がかかったとしても週末にはいけるだろうさ。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください