餅(米)問題

まーあれですわ年始の餅はなんとかなったものの餅マニャーで春節明けくらいまでは餅づくしで行きたいと思っているので餅調達は考えにゃならん。
餅そのものを買うのは高くてアホらしいし、加えてあたしゃ赤飯好きでもあるのでやっぱ糯米をホイホイと買える体制を整えたいわけですよ。
家樂福の800g品はNTD130もするので価格面でホイホイ感がなくてダメだ。

んで、今日から台北市への日勤復帰なので、昼食時に近所の同事に江子翠で糯米買えるところを知らんか聞いてみたところ、米行ならあるだろ、とのこと。

あーやっぱそうなのか。そらそうだよな糯米ないと油飯や粽作れんし。
ただ、米行って名前から俵単位とかで小売なしだったりする気もしたが、フツーに少量買えるとのこと。
すぐ近く、徒歩3分のところにも米行はあるのだが、そこは休日や夜はしまっていて見られないんだよね。
んで、店も紹介してもらった。Ubikeで10分くらいのところなので手頃。

早速行ってみると、ごく当たり前に難なく糯米入手。とりあえず3kg買った。
お値段NTD190。おぅ以前家樂福にあった2kgモノより3割位安いでないの、スヴァらしきかな。
唯一引っかかったのは、販売単位が台斤なこと。3kgだから5斤だ。ま、単位の違いだけなので今後は全く問題なしだ。

安いったって質が・・・とか、気にしない。基本餅目的だし割れ米でも構わんというもの。
・・・というつもりだったのだが、帰って見てみたら結構見た目の品質も良いのですわ。割れ率だと割高な家樂福糯米のほうが多いかも。
ということで赤飯にも全く問題なしだ。どんどん使うべし。
まー味の方の質がどうかはまだわからんのだけどね。2,3日後、遅くても今週末にはわかるだろう。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください