地場モノそば検討

あたしゃそばが好きでな。
まーうどんでもきしめんでもラーメンでもなんでも、そうめん以外なら一律好きではあるが、そばは若干格上かな。日本行くとまず立ち食いそば食うし。

もちろんソバ自体は中華圏にだってあるわけでこっち来てからもちょいちょい食ってはおるが、結局ここ10年くらいは日本からの輸入モノの廉売品になっているんだな。
度小月の蕎麥麵とか、2,3種試してみたんだがどれも蕎麦の味がせんで、輸入物使ったほうがええわ、っちゅうことで落ち着いてしまって。

でもかなり前から気づいてはいたんだが、日本モノの蕎麦もダメなもんは素晴らしくダメなんだよな。
直近3回買ったそばは、どれもこっちの蕎麥麵同様そばの味などしないダメそば。廉売ったって輸入物、それなりに高いっちゅうのに。

でもほんならね、地場モノ蕎麥麵も一所懸命探せば良いのあるんぢゃね、と思ったわけですよ。
そこで本腰入れて探してみようと思いたち、今朝早速momoとPCHomeで5種類発注。
帰ってみたら早速4種は到着しておった。

まず基本的におそらく、中華圏では蕎麦は薬扱いというか健康を気にして摂取するもののようで、蕎麦の味を避けたがっているんじゃないかと思うわけよ。基本小麦麺に蕎麦粉をちょっと入れる程度なんじゃないかなって。で、蕎麦の味がせんわ、となるのでは、と想像。
でもここは台湾、80年前は日本だったりしたわけなので大陸中国などよりは有利、表書きがなるべく蕎麦っぽいもの優先で、引っかかるものを5種抜きだしてみたわけですわ。
なので期待値高めなのは中央2つと、未着荷の五木 信州風蕎麥麵。
両サイドの2種はまぁなんだ、梱包とかパッケージ写真がそれっぽいかなって、あまり期待せず加えたもんぢゃ。
なお”そば”と大書きされた箱の玉民 黃金蕎麥日式直麵は、400gで$130と輸入蕎麦並に高い。これが当たりだったとしてもちっと嬉しくないが、入手安定性的にはアリかと。

ハズレのものも蕎麦の味がしないだけであって麺としてまずいわけではなかろうので片付けながらの評価検討となるので日をおいてぼちぼち判定していくことになる。
できればこの5種で当たりを引けるとええですのぅ。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。