塗装修行をすべし 2

昨日は肌塗り一発目に挑戦したもののどうにもキモい色になってしまって仕切り直しっつーわけで、準備に戻る。

まず塗る対象の成形品は、昨夜仕掛けて今朝早朝に完成。最近はWater washableばかり使っていたのだが今回は気まぐれで4K使った。久しぶりだったのでガッツリ振って使ったら尻の肛門周り辺りに気泡が2箇所出来てしまった。パテ埋めも考えたがV字谷でヤスリ辛い形状の部分だし、下から覗くこともないしこのままで。

昨日触れようか迷って結局記さなかったが、どうも塗料の着きが悪いんだわ。
塗膜が固まったと思って強めに表面を触ると塗装がズレる。そしてハゲる。
力をかけなきゃええとはいえなんかね、後加工で力かかることもあるやもだし、やっぱサーフェイサーを塗ってからやろうと思うわけですよ。
しかしこの先日買ったサーフェイサー、どうも問題ありな気がするんでして。
吹き付け前にタンクでダマができるし、昨日の肌塗料以上に分離しまくるし。
あと、こういう色には白い下地のほうが良いので白いサーフェイサーが欲しい。まぁ白が必須ってこともないが。

で、早朝に打ち出し品を二次硬化しながら片付けを終えたあと始業まで2時間くらいあったのでちょっと目塗りを試してみたのだが、段階を固めるために折々吹くクリア、目だし艶ありが良かろうかと思って光沢クリアを使ったが、どうもつや消しのほうが良さそう。
そこで年代物の手持ちつや消しクリアを開けてみたら、中身がガッツリ固まっておった。
ジェルっぽくなっている状態ならうすめ液で復活できるが、カチカチまでいってしまうとどうもならん。

以上、ということでつや消しクリアを調達してこようと。
前のガンプラ屋でも良いのだが、今回は自宅からだしより近い、おっちゃんの店吉欣模型へ。

吉欣模型にしたのはもう一つ理由があって、肌色塗料4種や灰色サーフェイサーがやたら分離するのは正常なのか聞いてみたいと思いましてな。
そらまぁガンプラ屋の店主に聞いたって良いのだが、吉欣模型のおっちゃんは知識と商品扱いに安心感があるし、おっちゃんやたら話し好きだから聞きやすいし。
それに吉欣模型にももう3年くらい行っていないので行って起きたいっしょ、まぁ変わりないだろうけど。

・・・と思いつつ着いた吉欣模型、変わっていないかと思いきや塗料の品揃えがかなり変わっておったわ。
以前はタミヤが多くてラッカーエナメル等一渡りあったが、タミヤがだいぶ減ってGSIクレオスが増えておった。
まぁひとまずGSIクレオスのラッカーつや消しクリアを確保。んで白サーフェイサーを見てみるが、多分ラッカーなタミヤのものも水性アクリルのGSIクレオスものも等しくめっちゃ分離しておるんよ。
で、ワシの様子に気づいたおっちゃん、聞くより前に我が疑問に答えてくれた。

RoHS指令のせいで欧州への輸出品と統一するためだと思うが、最近の塗料はこういう分離する塗料が主流になってしまったのだそうな。
ラッカーもアクリルも同様で、ラッカー薄め液は以前のものは使えずシンナーもRoHS対応塗料用を使わにゃならんのだと。
GSIクレオスのアクリル塗料は、同じ”AQUEOUS”ブランドでも新版旧版2種あって、新版と旧版は混ぜられないとか。
そういったわけで10分も置いておけば分離するのは正常、そういうもんらしい。
おっちゃんワシより真っ白な白頭仲間なのでこんな分離しない塗料の時代をよく知っておるわけで、やりづらくなったわなぁ、と言っておったぞ。
そらそうだわこんなあっさり分離しちゃ”手早く塗る”って手間が増えてしまうわい。

ところでどこかで触れたような気もするが、吉欣模型のおっちゃんは自身が1/24&1/35劉勇雄って模型になっていたりするのだ。うっかり買いたくなったことがあったな。つーか今や3Dプリンタあるのでモデルデータが欲しいわ。
おっちゃん普段はシャツに綿パンの標準台湾おっさんスタイルだが、ワシゃ一度非常に珍しいネクタイ姿を見たことがある。なんでもその日はテレビ番組作成で撮影に来るとかでネクタイしたそうな。

んで、今回の調達物。

あ、つや消しクリアラッカー入れ忘れたが買ったぞ。
SGIクレオスの旧版ラッカー。古い在庫品を戴いてきた。ウチにはまだ昔のシンナーあるし、分離しない旧版のほうがよろしいわ。

サーフェイサーは多分どのみち分離するので念のため2種。
GSIクレオスは水性。まぁこれで行けんじゃねぇかと踏んではいるんだが、念のためタミヤUSのスプレーも。どこにも書かれていないが多分ラッカーなんじゃねぇかな知らんけど。スプレー缶の扱いは不得手なのでGSIクレオスの保険扱いだな。
もしどっちもダメならガンプラ屋で見た細目の地場モノ白ラッカーサーフェイサーでも試してみるわ。

あと、棒付きクリップ。
現在持っているものはワニ口クリップで、歯形がつくのでいかん。
まぁこのクリップもワニ口にビニールカバーかけてあるだけだけども、高くもないし自分でカバーかける材料費と同じくらいだしってことで購入。

さて、明日は成形品に下地塗るところからだな。
失敗に備えて寝る前にもう1セット打ち出し仕掛けるかなぁ。

カテゴリー: 模型 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください