スライサ検討 – 3 / フィギュア

しばらくオシゴト方面がクッソ多忙で時間が取れなかった。
オシゴト内容そのものは簡単単純なんだけども、その周辺諸々がそらもう面倒極まっていてなぁ。まぁそんなことは初っ端の話が来た1発目から感じていたわけで、覚悟の上で受けたってことで文句なんかないのだわ。

それでしばらくFormware 3Dの評価は放置状態だったのだが、評価期限が迫ってきたので先日から打ち出し再開。

再開数日間は飛行機とか装甲車自走砲など出しておってのだが、もはや割となんでもうまくいくんだよね。飛行機は機種を上向きに立てるとほぼサポート要らんし、車両は底面が荒れるのを妥協すればあとはうまくいく。
まーそうだよな、飛行機はその方向で空気の抵抗を受けないようデザインされているわけで余計な張り出しはないようにするわけだし。車両は底面が凸凹でも置いておくぶんには見えないし見ないし。

そこで犬猫牛馬鳥とか打ち出していたのだが、あまり既製の3Dモデルが多くなくてな。好みに合わないものも多いし。龍とかゲームキャラとかの仮想動物は結構あるんだけども。
ほいで直近数日は人型、フィギュアをやっておった。人型は縦長だからちょっと時間的に嫌ではあるんだけど、まぁ打ち出し始めてしまえば放置でオシゴトしてりゃいいんだしってことで。
人型は髪先だ指だ等などサポート修行には良さげだしね。

まずはどこぞ中華なウェブサイトで見つけた、出所不明の”高部製作所”な3Dモデルを2,3回出してみた。

これが何かは知らん。モデルのファイル名はMXGIRLとかMOEMOEとかで、全くわからん。
原寸だとやたら小さいので200%に拡大。
バックパックの肩紐がペラくて宙吊りだったりブーツの部品がシャープだったりと微妙な箇所が多くて評価と修行によろしいのだが、2,3回で嫌になってしもうた。
モデルデータ見たときから察してはいたのだが、乳デカすぎなんだよ! なんだよこの奇形は。
いやそりゃ治虫筆頭に老若男女一般的に乳なぞデカけりゃデカいほど良しとされているのはわかってはおるさ。でも我が世界で奇形は嫌なもんは嫌なんぢゃよ。
なんか顔部分も平面的でよろしくないし、この写真のものを最後に他のモデルをやることに。

人型ではHanakoとかRanniとか竈門とか知らんもんばかり出してきたが、やっぱせっかくなら知っているもの出したいですな。
そこでちょっと頑張って探して、2Bのモデルを入手。

こんなのね。
2Bってのは、一昨年やったPCゲームの序盤のチョイ役キャラ。チョイ役ではあるが序盤なのでかなりの時間見たのでしっかり覚えておる。最初も最初にビルの最上階から地下まで落とされ、はしごで延々登る際にレオタードの尻ガッツリ見せられて、何ぞこれエロゲなのか、とか思ったな。
まぁ割と楽しめたのでガッツリやったな。でも物語そのものは何か粗くてイマイチだったが。だって数千年前の一切保守なしの建物やエスカレータや鉄塔等などが形残っていて登れたり入れたりするんだもんさ。

同じゲームの中盤キャラの9Sも同じ製作者が出していた。

でもこれだとサポートが楽で少なそうなので、今回は2Bにした。
2Bがうまく出来たら9Sも同寸で作ろうかのぅ。

人型を作ると、塗装やパッチで目をなんとかしないとなんともキモいわけで。竈門禰豆子は主電源から常時Offなテレビの前に置いてあるが、間近で見るとだいぶキモい。Ranniはガッツリ帽子に隠れて顔は見えないのでよろしいのだが。
その点この2B, 9Sは目隠し、設定的にはHUDゴーグルがあるのでキモい部分がないのもよろしいな。

で、現在の状態がこちら。

割とよくできたと思う。慣れてきたなぁ。
ただ、3Dモデル自体の問題で右腕の継ぎ目の段差がものすごい。やむなくパテで埋めることになった。
パテ使うと、その作業自体が苦手なのもあるが何より塗装しないとならなくなるのがね。
いやーどうすっかね、服や刀を塗れる塗料はあるが、髪や肌の色は持っていないし調合もできんぞ。

ほんで本題のFormware 3Dだが、慣れればChituboxより使いやすいし出力も早いので良い感じ。
必要なサポートが付けられない、というChitubox(Basic)の致命的問題ももちろんないし、今後もヴァリヴァリ出すなら買うべきだろうな。
でもその単価がね。€130出すのはなかなか決心がいるぞ。

カテゴリー: 模型 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください