サバ缶カレー+チーズ

見つけた際にビビって即買いした地場モノさば味噌煮缶だが、結果どうもイマイチで以後トマト煮に戻り、さらに後日見つけた水煮はイケたのでサバ缶は水煮かトマト煮かになっていたのだが、せっかく味噌煮を用意してくれたのでなんとか使い道を探りたい気はしておった。

別のネタで、世にはサバカレーなるものがあって割とメジャーなものである、ということは聞き及んでおった。
現状我がストックカレーは鶏豚牛の各肉全入れでやっておる。蛇足だが分量は多い順。鶏が一番合う気がするんだよな。豚は食感的に一番合わない気がするものの味的に入れたほうがイケる感じで、牛は輸入モノなせいか高くて割に合わんので8食分に200g入れる程度。
シンガポールでフィッシュカレー食ったがそんなに美味くもないっちゅう感想で、サバカレーも美味いならやってみたい気もするがあんま期待できんのぅ、とか思っておった。

そんなおり、また見つけてしまったんだな簡単でめっちゃ美味いというサバ缶カレー。

【簡単キャンプ飯】包丁も使わず10分で完成「サバ味噌カレーチーズ」が最高にうまい / 大人気サバ缶レシピにハズレなし!

いやまぁこの手のめちゃウマアピールは外されまくってもう信じていないんだけどさ、やってみにゃわからんっちゅうのといつか当たるんじゃないかという期待もあってね、やってみようというわけだ。

今日もエレベータ交換工事のせいで大渋滞につき朝から出られずに閉じ込められておったのだが、午後遅くなって大混雑がはけて普通に待てば出られるようになったので、荷物引取や物の引渡しのついでにさば味噌煮缶を買ってきた。

では早速。

サバ缶開けて火にかけて、

カレー粉入れて数分煮てみて、

チーズ入れて1分、では溶けが甘いので3分ほど待って、クラッシュバジルを撒く。
水分足らんと思うんだが。カレー粉入れ過ぎかのぅ。

カレーってことで、米と合わせてみた。

味はというと、不味くはないんだが・・・、甘い。
さば味噌煮の甘さがそのままなのですわ。
カレー粉は、これを使ってストックカレー作るとかなり辛くなるお気に入りで、迂闊な友人に、
「おぅカレーか、日本のカレーは美味いやねワイにいっちょ食わせぇや」
「いやワシのカレーはかなり辛いど」
「とはゆーても日本人の”辛い”だろ、全く問題ないから食わせぇや」
「ほぅ、然らばお持ちしよう」
「ほーん黄色くて全く辛そうに見えんな。・・・!!(一口食って絶句)」
となるモノなんだが、その辛さがかなり軽減されてしまっておる。ヨーグルト入れても辛みなくなるし、アレかな発酵モノを入れると辛味がなくなるのかね。
でも食った後に汗は出るので辛さを感じないだけっぽいな。

結局”カレー風味のさば味噌煮+チーズ”でしかなくて、それほど美味くなかった。
いや全く美味くないというわけではなくて普通に食えるんだけど、このためにさば味噌煮缶買うかというとそれはない、ってところ。

サバカレーを試す、という面では、可能性は感じたかな。食感とか割と良かった。
いつものストック用に水煮缶入れると良さげかもしれん。鶏肉減らしてやってみようかねぇ。いや、4種は多すぎる気がするし牛肉の代わりに水煮缶入れてみるかな。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください