正規サイズカーテン着荷

先月発注した小窓部分までしっかり覆えるロールブラインド、今日着荷しましたのだ。
ひとまず発注内容通りモノが入っていることの確認と懸念の総幅及び遮光部幅を測ってみた。欠品はなく指定サイズ2つ入っており、総幅と遮光部幅も受付窓口の言っていた通り相違なし。

でもね、早速仮組みして設置の詳細検討とかしてみると、部品が足りなかったわ。

この樹脂部品。スクリーンを巻き取るシャフトにはめてシャフト支えの廻り止めするもの。
コヤツが1セット当たり2個、計4個必要なわけだが3つしかない。うむ、さすが大陸。

受付窓口も重々承知なわけで着荷後問題の受付ウェルカムなので明日朝にこの部品だけ24h到貨な勢いで送れるか連絡してみる。

だがね、ワシには今や3Dプリンタがあるのだよ。
もし大陸からの発送とかで時間がかかるとか、一式返品&再出荷が必要、とかになる場合はFusion3Dでモデル描いて打ち出しちゃうぞ。
シャフトと支柱に埋め込まれてほどんどの部分が見えなくなるから、要所の寸法さえ合えば荒れても問題ないわけで、なかなかに最適ではないか。
そもそもこの付属部品がもう異常なほどバリだらけなので、相当な打ち出し失敗だとしても使い物になりそうだぞ。

早速チョチョイとモデルを描いておきたいところだが、ノギスを日勤先に持っていっており今手元にない。
別の用事もあるしこれからちょいと日勤先に行ってノギス取ってこよう。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください