スライサ検討 – 2

Formware 3Dで出してみた市政垃圾桶、結果はまぁ形にはなったが不満だった。まだ一部サポート切れがあって、孤島になる部分が出てしまい欠損が出る。さらになんか成功したっぽいところも歪みがあったりして遺憾。

これはサポート設定の話になっていてスライサの実力確認にならないので、ひとまずPhrozenのWater washableでやることにして再出力。

市政垃圾桶モデルは形状から正立で出すのがサポート最少で良いのだが、縦長なので時間がかかる。
なので横倒しにして、蓋とかその他部品を詰め込んでデータ作成。

あと、ひとまず最初に戻ってサポート機能の充実っぷりを試してみたいと思い、部品配置とサポート付加までをFormware 3Dで行い、それをChituboxにエクスポートしてスライスはChituboxでやってみる。

まぁ、欠損はないんだけどさ。
まず箱本体に歪みがあるよね。写真上だと開口部の上の方。もちろん本当は面取りされた四角形の開口であるべき。
蓋も、写真では微妙だがエッジ部分が歪んでいて、組み立てて蓋を閉めると隙間があく。これは成形中に様子を見てみたら、露光後の引き離しで揺れていたのでそのせいっぽい。揺れないようもっと幅を広くサポートしてやらにゃダメなんだろうけど、ビルドプレートに余裕がなくて分割整形せにゃならん。
こりゃ横倒しではダメっぽいな。

そこで横倒しは諦め、正立で改めて出力。
やり方は同じく、サポート付加までをFormware 3Dで行いChituboxにエクスポートしてスライスはChituboxで。

すると、ようやく納得できるものが完成。
まーこれでも小さな穴があったりするし、写真でもはっきり出ている通り下の方に縞があったりするんだけどさ。でもこれくらいは修正しても良いって感じで。

Chituboxのみのときはどのレジンを使ってもまともに成形できなかったので、ここまでの結果としてはFormware 3D→Chituboxならば多少問題のあるモデルでも打ち出せる、ということだな。サポート含め何らかFormware 3Dが持っている機能が有効だということになる。Chitubox(Basic)が抱えるサポート配置での面/エッジ認識の問題もないのでFormware 3Dのほうが上位で適している、ということになる。
でもそれだけのためにUSD155出すんか、っちゅうのがね。
もう一歩進めて、各レジンでのサポート設定を固めてからスライスまで含めてFormware 3Dで完結するならようやく購入検討できるって感じなので、残りの評価期間でその辺詰めていきたい。

カテゴリー: 模型 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください