臺灣菸酒カップ麺の謎

もう相当に長いこと、ずっと疑問に思っていることがあるのよ。
一番人気でほぼほぼ廉売されることがない台酒 花雕雞麵の価格設定についてだ。

昨日野菜を買いに行ったときに折りよく並んで積まれていたので写真を撮らせてもらった。

単価はどこでもだいたいこんなもん。

袋麺は3個1パックで$126なので、単価$42。
対してカップ麺は単価$41。
ほぼ同額、厳密にはカップのほうが安いんだよ。どっちも麺の量は200gで同じだし、外から触った感じでは袋麺の方の具もカップと同じサイズのレトルトパック。

なんでこうなるんだろうね。カップのほうが体積デカくて輸送コストが高くなるから全て同量なら袋麺のほうが安かろうもんと思うんだが。
もちろん全聯に限らずどこでも同様。謎だねぇ。
そういったわけであたしゃカップしか買ったことがないんだが、袋麺にはなんかスヴァらしいお得があるんかねぇ。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください