除湿機買い替え

1日に買ったパン焼き機(ただし餅つきのみに利用)は無事順調に稼働、今朝もきっちり餅が食えましたよ。
んで実はもう一つ。
31日に日が落ちてから急ぎ始めた掃除で除湿機のフィルタを初めて確認してみたのね。今まで風量が減った様子もなく順調だったのでずっと外しもしていなかったのだ。ぱっと見外し方わからんかったし。
すると、フィルタの目詰まりなどはない。が、それどころじゃないよ、フィルタが完全に風化していてちょっと触れるとボロボロと崩れ去る。外したときの振動で既に1/3くらいなくなっていて、更に触って半分。取り付けでまた崩れるのでほとんど残らんでしょ。
コレには紫外線殺菌灯がついていて、数年前に点かなくなったのだがそれまでの10年ちょいですっかりフィルタを風化させた様子。

この除湿機、購入は南港時代の15年前。これはもう買い換えるべき時期っぽいな。当然廃止品だし替えフィルタなど見つからない。除湿機としては順調だが殺菌灯が点かなくなって久しいし、今のものと比べると電気バカ食いであろうし。

しかしなー、餅つき機を買い替えたばかりなんだよな。
そこで一考、餅つき機は安いのを選んだのでNTD3000ほど想定額より安く済んでいるので、そこにNTD1000追加してNTD4000を予算として良さげなものがあったら買い換えよう、ということにした。

ほいで昨日午後、いつものPCHomeを漁ってみた。
除湿だけならNTD4000を満たすものは多くはないものの数機種ある。が、どうせならそれだけじゃ買い替えを決めかねるなーと。だって今のやつも問題は消費とフィルタと殺菌灯で、除湿自体は今まで通りできているんで。

でも1機種、良さげなもの発見。

まーたぶん、清浄機能は無意味に近いくらいショボいんじゃないかと思う。
しかしポインツはやたら低消費を推しているところ。価格も予算いっぱいだし、大物扱いじゃないので今日3日に届くはずなので良さそうだな、と。
ということで購入。無事今日午後着荷。

除湿能力は先代機の半分なんだが、使う場所が狭いせいか除湿量は変わった感じがせず大変よろしい。
最も良い点は、排水タンク上部が完全開放ではなく塞がれている部分が多いので、満水時に外して捨てに行く際にこぼさずに済むであろうところ。今までのやつはうっかり満水にしてしまうとほぼ確実に途中でこぼしてしまっていたのでねぇ。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください