水煎包

今日は夜に公館に行く用事があった。面倒ではあったが大雨の中行ってきたさ。

跳ね返りで足元びしょびしょにしつつ出かけて用件だけで帰るのもな、とか考えて夕飯でも食って帰ろうかと思ったが、なんかこう”食いたい”にハマるものがない。

そこで、以前から若干気になっていた水煎包を買ってみることにした。

ターゲットは劉家水煎包。ちょいちょい客が来て結構な数買っていくのを見かけるので、うまいとか安いとかあるんだろうかと思っちょったのよ。

水煎包は標準の、鮮肉・高麗菜・韮菜の3種。まー水煎包なんてやっすい駄菓子みたいなもんだしせっかくなので全部1個ずついっときますかね。
値段は$16/個。なんだ16って普通は15じゃないんか。
豆乳は$10と安いので興味が湧いたが、今回はパス。

袋の中の3個にまとめて辣椒醬と烏醋をドバっとかけて持ち帰り。お上品に小袋に分けてちょいちょいかけるなんてことはしないよ、そういうもんじゃないと思いこんでおるので。

帰宅後早速実食。

これは韮菜。まぁまぁな感じ。
鮮肉はかなり肉肉しくてまぁイケる。高麗菜は他店より美味い。

値段がほんののごくちょっとだけ高いが、味は上位だと思う。
次に買う機会があったら豆漿を試しつつ高麗菜を主に鮮肉を少し、って感じでいくのが良いな。

カテゴリー: 台湾ローカルグルメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください