麻婆豆腐

日本で一般的な中華ものとされるものの多くは実質和食なんであって、中華圏においては無かったり違うものだったりすることは予予いっております通り。
んでラーメンは高い上に美味くないんで研究して安上がりなものを開発したりしたが、最近は味や濃さは日本同等の店が非常に増えたので全く問題なくなったっすね。まー値段は高いが。

しかし今までやったことがない和食中華がある。陳麻婆の豆腐、麻婆豆腐だ。
台湾でも南華でも、どうも甘みが強くて味全体は薄く、飯に合わせるには難ありという個人的感想。そもそもそんな好きなもんでもなく、今後生涯麻婆豆腐が食えなくても別に構わん、って感じの興味なさでもあったのでな。
人種国籍問わず「ここの麻婆豆腐は美味いから食えや」とやられることが稀にあるが、「あぁ美味いっすね」と軽く流しておる。

しかしなー、難しいとか面倒だとかいうほどのもんでもないらしいし、せっかく材料調達容易な環境なんだし一度くらいやっておくかな、と思い立ってやってみることにしたぞ。

さて材料は、

ネギ : 刻んだ冷凍ストックあり
肉 : 豚ひき肉冷凍ストック50gx2あり
花椒 : 山椒の代用にならんかと思って買った死蔵品あり
豆板醤 : momoだかPCHomeだかにもらったものあり
にんにく : 常備冷蔵品あり
生姜 : なにかに使った残りの冷蔵品あり

ということで、豆腐と甜麺醤を用意すれば教本通りにできるらしい。
別のものの調達で階下の全聯に行った際に豆腐と甜麺醤入手。

さて今回入手の豆腐は全聯モノなこともあり400g。教本によるってぇとコレは4人分であると。存外使う量すくねぇんだな。

作っていくわけだけども、教本を参照しながらやったせいもあってか器具を色々使う羽目になった。洗うのが面倒ぢゃのぅ。
花椒は死蔵品があるつもりだったが処分してしまったようで見当たらないので、代わりに同じく死蔵の五香粉を入れてみた。

そして完成。

片栗粉が多すぎて固い。
味はまぁ、割といけるがまだ甘い。豆板醤を2倍量にして甜麺醤を1/2ほどにしたのだが、醤全般にもっと減らしたほうが良さげだな。豆板醤だって辛くはないし。
唐辛子はかなり辛いタイのクラッシュペッパーを多めに入れたんだが、辛さとしてはやや不足。冷凍ストックの生唐辛子を足してみたいところ。
4人分とのことだったが、2.5回分くらいの量にしかならなかった。なんでだろうな謎だな。

今回は以上。2つストックができたので早々に消化し、もう一度挑戦してみようと思う。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください