常用PC検討

現在常用のPC MacBook Proだが、若干ヤヴァくなってきた。

まずはやっぱりキーボードね。キートップ外して掃除したりしたけどどうにもNとスペースは具合悪い。Nはぐじゅっと引っかかる感じがちょいちょいあるし、スペースはどうにもダメでなんとか外して掃除したんだがその外し工程で案の定固定爪を折ってしまってな、落ちるまではいかないもののガバガバ。更にN同様ぐじゅっと感がちょいちょい出る。

電池も流石に厳しい。エラい人が「Li-ionバッテリは膨らむのが当然」とか間抜けをのたまっていたが流石に組織としては反省したかトンデモ膨張は起こっていないものの、保ち時間が2時間程度になってしまって。まぁこれはしゃーない、全とっかえが2017年11月だから4年だもんな。頑張ったほうだろう。

あとは、構造上閉じた状態で持ち運ぶとキートップがLCD面に当たるようで、4年ともなると拭いても落ちないキー痕がLCD面に目立ってきた。
使える程度ではあるんだけど、暗い画面では気になるレベル。

もともと使いづらくてものすご気に入らなかったTouch Barの不満も強くなってきた。
CADとか絵描きとかでESCとかファンクションとか多用するときに過剰反応や無反応が多くてめっちゃイラつく。

で、更にトドメにWindows 11の導入はできない判定が出ており、全とっかえからはまだ4年だが購入からは6年たったので”最低5年は使う”はギリクリアしたし、すぐに、というわけではないが買い替え候補を探っておこうかな、と思うわけですよ。

先月中頃辺りからぼちぼち探っておったのだが、HPのSpectre x360 – 13が良いかな、って。
ASUSも候補だったが、希望に合うものは90°以上開くと本体が浮き上がって傾斜するアレで、打鍵が強めの者が使うとヒンジ部から表示パネルが故障しがちなので避けたいんでね。やっぱ次も最低5年は使いたいし。
Lenovoは非常に少ないカスタムオーダーのできるところで、要らんもんが書かれている日本含むアジアンキーボードを英字キーボードに変えられるのがとても宜しいのだけど、解像度がいま一歩足りなくてな。あの値段になるなら4Kほしいよ。
Microsoftは性能的にはピッタリ、気になっていた値段も結局Lenovoと大差なくなるので宜しいのだが、あの激重重量にはジジイ耐えきれないよ。なんすか1.6kgとか1.9kgって。
で、要求を満たしたのがSpectre x360 – 13だったわけで。
でもね、値切り後価格でNTD65000とかやっぱ高いっすわ。

なので案の定ではあるが候補選んだのみでやっぱのっぴきならぬまで使うかな、とか考えていたのだが、日勤先の部長殿と良さげPCの話題になってその際に”USでは安い”と言われ、彼はUS赴任経験者だしどのくらい安いのか見てみっかな、HPはUS企業だしね、と気まぐれでUS HPのカスタマイズで台湾版Spectre x360 – 13と同じモノに仕立ててみたら、なんとお値段USD1569。もんのすっごいわ、NTD20000以上差があるでよ。しかもキーボードはUSだし、US在住の方に受け取ってもらって電池輸送できるFedexやDHLの手持ちアカウント使ってピックアップ&台灣送達してもNTD16000も安いぞ。
カスタマイズ仕上がり待ちに1ヶ月以上かかるけど今はまだヤヴァいってだけで切羽詰まっているわけではないので待てるし、これは揺らぐわー。

USで買うと当然OSもUS English版だろうし、使いやすそうで実に魅力的。
やっぱ繁體中文にしろ日本語にしろ、オシゴト面では問題起こりがちだからねぇ。だいぶ前に案件検討用に買ってみたタブレットがUS Windowsですごく良かったからなぁ。未だにたまに使うくらいで。
USからの送達手配してもASUSよりずっと安いし、いやこれはホント悩むわ。

カテゴリー: ガジェット パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください