iPhone

数年前のオリジナル商品設計時に中古のiPhone4Sを買ったわけだけども当時既に古くて製品設計製造には使い物にならずiPod Touchの支給を受けることになったことがありましたな。
そのiPhone4Sは、その後気まぐれでちょいと使ってみようと思ったら電池が半日保たない状態になっており、とりあえず安い互換バッテリに載せ替えてみたんだが回復せず、今でも倉庫の土壌と化しておる。

んで、さすがにもうiPod Touchもダメで購入検討者の問い合わせに答えることも出来ないし、更には電池膨張でキャビ剥離&ホームポタンが操作できない。
もちろん電池なぞ機能を成しておらず、一瞬で空から満充電、10分ほどで満タンからシャットダウンレベル。
でもそんなiPod Touchでもないことにゃ製造ができないので無理くり使ってきたわけなんでござるが、日勤先が”個人資産”としてiPhoneを支給してくれましてな。ありがたく1台おし戴いておいたの巻。

ROM容量とか細別機種とかで幾つか選べたのだが、Apple信者の同事(たくさんいる)の情報ではまぁひとまずiPhone 13 Pro Maxが機能的最上位っぽかったのでそれを。
ROMは近年の容量レベルから見るとほぼ使わんので、最低の128GBにした。十分以上だろうさ。
iPhone 13 Pro Max 128GBを選ぶ場合はNTD500徴収、ってことだったが、そら問題なく出すでしょ。

で、先週末に受け取りまして、早速開封しひとまずSIMなしで使ってみる。
・・・が、やっぱり合わないのよ、めっちゃ使いづらい。でも製造の最終検査で使うので使いづらくても関係ないんだけどね。
とはいえだ、せっかく戴いたのだし少なくとも1月くらいは全力で使ってみないとな、ということで、自前契約は実体SIMで運用し、日勤先供給SIMはeSIMにしてDSDS運用してみることに。

まぁなんだね、週末は自前SIMのみで使ってみたんだけど、やっぱ使いづらいねぇ。
慣れないせいもあるとは思うけど、やっぱそもそもApple殿様君の思想は信者以外には合わないと思うんだよなぁ。
よく”Appleは外観デザインがサイコー”と聞くが、真にホントーに客観的に見てサイコーになりうるか?
危険を承知で言い切ると、ワシゃそう思わん。
機構や回路の設計能力及び知識の低劣さからも、もし我が上長が噂のApple車に乗るとか言い出したら命がけで反対するし、強行されるならまず縁を切るね。

ともあれそんでもって今朝、eSIMのQR codeを受け取ったんだけど、導入しようとしたら出来ないのよ、”出来ません、後でもう一度やってください”とか出る。
いつまで経ってもできないので、キャリア中華電信のサポートに電話したが「方法は間違いない、わからん」とか言い出すので、やむなく営業拠点に突撃。
試行錯誤あって、結果は”SIMカード挿入済みの機体にはeSIMが導入できない”というもの。なんだそりゃ。
なんかeSIMの世界ではそれが常識みたいね。アンタそれはおかしいんだからね。
んで一旦SIMカードを外して導入はできたんだけど、そしたら今度は後から入れたSIMカードの番号のほうがメインになり、先に導入したeSIMの番号はサブになるというね。
アンタそれもおかしいんだからね。

ま、結果としては意図通りに導入に成功してはいるんだけど、2点客観的にダメな部分を見せつけられたなぁ、と。
まーこの2点はAppleが全面的に悪いわけでもないんだけど、それでも更にAppleへの不信が募った出来事ではあったな。
宗教的に実体験がないものを否定/肯定はできないんで少なくとも1ヶ月はがむばってつかうけど、未来が明るくないわ。
最低限使うために既にNTD500くらい寄進していて、更にApple watchがないとどうにも当地の生活上いと使いづらしなので二手品の購入とか考えているので更に+NTD2000、既にNTD3000投資が近い状況。いやーどうなのよコレ。既に見切りたくなっていますよ。

カテゴリー: ガジェット パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください