雨漏り修理 – 見立て

大した台風は来ないし大雨も降らんしで3ヶ月待ち中の雨漏り、最近ようやく弱い雨が続いて、床が水浸しになるほどではないが若干壁が湿る程度の漏れが出たので、コレで写真撮って防水処理屋に見立てを依頼してみた。

でもって昨日朝、見立て人にお越し戴き実況見分。

彼の見立てによると、下層北側の窓枠、上層北側の窓枠に出ている亀裂から雨水が入り込み壁のヒビから室内に漏れることが要因である、と。
外壁修理痕部分から室内に漏れてくるんじゃないんか、と尋ねてみたが、下層階はそれもありうるが漏れ状態のひどい上階部は外壁のヒビと漏れ箇所が一致しないので窓枠ヒビから侵入しているとするのが定石、既修理部が問題ないかはまず窓枠ヒビの手当を主とし確認時に併せて状態を確認するのが良かろう、とのこと。

以上の結果をもって施工と費用の見積もり待ち。
窓枠のヒビ補修で済むならそれほど長期光学にはならないんじゃなかろうかと思っておるんだが、どうだろうね。
まぁ最悪少々漏れていてもOK、大雨で床が水浸しにならないなら割り切っても良いかな、とも思っておるのだけども。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください