電費

昨日はポストに郵便物がたくさんあって、その中に電気料金の明細/請求書があった。
今回は空調交換後が対象期間となる初回の請求なので、どんな具合になっているか楽しみである。
なお爆音床置きクーラーで納戸に籠もっていたとした場合の予想請求はNTD6000 – NTD6500。夏季電費だからね。

では結果。

-$339.1は多分疫病による夏季電費の免除分なので、例年に合わせると$5183となる。
おほー、だいぶ安いやん。
対象期間は6月末から8月末なので、新空調での使用は対象期間の1/4程度しかないわけだ。にもかかわらず$1000以上安上がりとは実に素晴らしいわ。

次回請求も9月末までは夏季電費期間なので、半分は夏季電費。
今までより相当圧縮できそうでこいつぁ楽しみだわい。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください