蒸気モップでNG

空調工事で設置者が掃除してくれたとはいえ、内装撤去や穴追加時に出た細かいおがくずやコンクリート粉、手の届かない内部の積年の埃で床がザラザラなんすよ。
掃除機はかけたが、何分掃除機はめっちゃ古くて取り切れない。まー新品でも取り切れない気はするけどな。

犬が居た頃はきっちり床も拭いていたのだが、アレが逝ってからはあまり汚れなくなったこともあって床を拭くのは半年に1度くらいと掃除サボりの癖がつき、もう雑巾がけが面倒でなー。だいぶ年だし腰痛くなるし。

んで、ここはいっちょ掃除道具も新調すべ、ということで、昨夜PCHomeで、
– 掃除機(日立のごみ袋式)
– 蒸気モップ
– 蒸気ガラス掃除機
以上3点発注したのだ。
掃除機は意思を持って袋式。袋なしタイプは清掃管理が袋式以上に手間で嫌だわもう。サイクロンはそれに加えこまめな清掃が必要らしいのでやってられん。
蒸気モップは、momoで$1980と意外過ぎる安さだったのでこりゃ買わにゃならん、と発注しようとしたら売り切れでな。PCHomeで見たら同じものが$3480で、随分高額にはなるが思っていたより安いので買ってしまった。
ガラス掃除機は、ワシ揚げ物とかもやるのでコンロ脇の窓がギトギトなのよ。これ、拭き掃除はめっちゃ大変なので困っておったが、なんと$599で出ていたのでこりゃ買わにゃ、と注文。但しコレはPCHome倉庫に無くメーカー出荷なので、まだ数日かかるそうな。

ほいで今日昼前に、掃除機と蒸気モップは着荷。
早速午後に掃除着手。

まず掃除機は問題ない。狙った通りの機能で狙った通りの動作。
まぁちっと思っていたよりパワーが強くそれに伴って音がうるさいが、それはまぁ良いでしょ。
ゴミ袋が1枚しかついていないのはやや残念。2,3枚つけてくれりゃええものを。

問題は蒸気モップだ。
まず、蒸気発生の動作そのものは問題ない。雑巾がけ同等にきれいになるのもよろしい。
ただね、非常に中華っぽい構造的な問題があるのよ。

まず、組み立て最初に気づいた問題、

割れとるやーん!
いまのところガタついたりしないが、早晩コレ折れるぞ。

更に、この柄は伸縮すると説明にあるのだが、そのとおり操作しようにも出来ない。ロック部が回らない。
で、最短状態固定になるのだが、それだと短すぎてかなり屈むことになり、雑巾がけに近いくらい腰が疲れる。キッツい。

ほれ、こんなに短い。

それと、

柄の端部の部品が簡単に抜ける。
短すぎるせいでここは重要なグリップ部なので、こう簡単に抜けては非常に困るわ。

で、動作に問題はないが使用上困るので、一渡り使ったものの返品することにした。
交換希望なのだが、momoもPCHomeも交換には数日かかるので返品&新規注文したほうがええで、と勧めてくるので。
なので返品受付確認直後に改めて購入手配を入れた。明日には届くだろう。
ちょいと不安なのは、明日届くものも伸縮出来ないのではないか、という点だな。なんか設計問題な気もしておってな。

メーカーの名前は”Euleven“。Lが図案化されており、EU even、に見える。
EU同等どころか、極東同等品質にもなっていないぞ現状。まー明日着荷する品を見て改めて判断だが。

カテゴリー: 台湾生活, ガジェット パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください