管理費支払い

オフィスで住処なこの物件、今までは家賃と管理費をともに家主殿に納め、家主殿から管理組合に管理費を納めるというやり方をしていたんだが、この度管理費を当方より直接管理組合に納めることに相成った。

南港・汐止・三重・板橋1、とココで5件目なのだが、今まで銀行振込で管理組合に管理費を納める方法だったことがないんだよね実は。
南港と三重では管理員に現金払い、汐止と板橋1とココは家賃+管理費で家主殿に支払いで。
まぁそらたまたまなんであって銀行振込で組合に振り込む方法も一般的。

まずは入金先情報を得ねばならないのでココの管理組合を訪ねたわけだが、そこでどう支払うものか相談してみた。
これがかなり自由で、毎月支払いのほか、3ヶ月まとめ、6ヶ月まとめ、など任意にまとめて納めるも自由であると。とにかく組合が把握している口座からの入金が要求管理費を満たしていりゃご自由に、って感じだ。

さて、まずはまとめ払いだが、こりゃうっかり忘れかねん。
振り込み記録をあたれば状況はわかるが、なんかメンドーよね。いやそもそも忘れなけりゃ良いんだけども。
ほなら毎月払うか、家賃支払いと同日同時に行うようにすれば忘れもしないし。
でもそれ、支払いの手間が倍になるんだよな。そんな大した手間でもなく1,2分で終わることだけど、なんかそんな手間が惜しい気が若干量。

ほんでだ、通信回線料金でやっている自動引落しをこの管理費にも設定してみるべ、と。
それで件の管理組合訪問で相談してみたのだが、受け側銀行である土地銀行の当該支店窓口に行って手配する、というものらしい。
うーん、土地銀行は馴染みがないなぁ。確か板橋1の管理費の支払いだったかで1度行ったことがあるだけだな。

絶対とはいえないが、送金側銀行つまり我が口座で毎月引き落として送金する方法もまずあるであろうと思うので、ちょいと昼に会社口座のある第一銀行に行ってみた。
結果、やはりフツーにその方法はあったのでその場で手続き。
まぁちょいと欠点は、無制限に毎月引き落とし&振り込みを続けることはできず最長36ヶ月ってことだが、まぁこれはスケジューラに入れておいて通知かけておけば良いでしょ。
毎月の支払日は、今まで家主殿は25日に行っていたようで、手続日は昨日、26日なのでなんとなく1日空けて毎月28日を指定した。
指定日は任意に選べるのだが、29日 – 31日を指定すると良くなさそうだべ?
で、せっかくなので最後に聞いてみた。
「仮にワシが毎月30日の処理を指定したとして、(来年)2月の処理はどうなるんですかのぅ?」ってな。
答えは、繰り上げ直近日になる、ということで、2月28日、うるう年なら2月29日の処理となるそうな。
なおこの引き落とし&振り込みは支店ごとのサービスだそうで、同じ第一銀行でも他の支店では繰り上げ直近日ではないかもしれないのだそうな。まぁ1日 – 28日を指定しておくのが安全であるということですな。

以上で我が口座側の手配は完了。あとは明日28日に実施されることを確認して、管理組合に入金元口座番号を伝えれば切り替え登録完了。まぁ、簡単でしたな。

この件の家主殿との会話の中で、今までに故障等が出つつも手を付けていなかった各所を修理することも決定。
問題箇所はそこそこあるが、放置しても問題がないところもあるので此度手を下す部分はクーラー・トイレ・浴室の3つ。
まずは規模が大きく優先度も高いクーラーをなんとかするぞ。修理ではなく交換で、内装改修も手配だ。

ところでこういう什器の整備は、こちらでは家主殿に連絡して家主殿の意思と手配で行うのが普通。日本でも”家主殿”が”管理会社”になるだけで同じですわな。
しかしココの家主殿は海外におられることもあってか、前回の洗濯機交換も同様だがワシに判断まで含めた手配を一任してくださる。
これ、ワシにはすごくありがたい。汐止ではひどい目にあったし、三重でもそこまでひどくはなかったものの什器関連では諸々メンドーがあったし。
今回は、3つあわせてのざっくり予算を振って戴け、あとは機種選定も工事手配も何もかも自ら決定手配できることになった。
実にありがたいことですなぁ。内装工事とか、本来は自分の持ち物件じゃないと経験できないもんなぁ。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。