お注射予約

先週、武漢肺炎のワクチン接種希望登録がありましたな。
いやそりゃ前からやっていたんだけど、対象年齢とか合わなかったのでワシができるようになったのは先週、ということでさ。

個人的な考えとしては、あたしゃ本来不要な来客扱いなんで、まず希望する全台湾籍の皆様が全て十分な回数をこなし、諸々リソース的に余って無償で接種したるor強制指示で接種せんなら居留権やらん、となったら受ける、という感じなので3年前までだったら一先ず登録しなかったところだが、日勤先から指示を受けまして。
受けないと解雇サヨナラ、とかされると困るので希望出しておいたのですよ。

予約順番号は505万あたりだったのでまー実際接種はまだまだ先よね、とか思っていたのだが、今朝、”22日までに接種予約すべし”とSMSが来た。505万番とかなのに不意打ちなくらい早いやんけ。

やると決めて希望を出した以上ちゃっちゃ済ませる思想なので、早速接種を予約したぞ。
宿題を放置して夏休みが終わってから着手するようなやり方は高校まででやめたのだ。

予約は、希望登録のときと同様1922.gov.twで行うわけで。

先週の希望登録の際は左側だったが、今回は接種予約なので右側ですな。

どう認証するかを選ぶ。
カードリーダあるし左2つはどちらでもOK。健保APPはきっと電話機用アプリで、もういらんもん入れたくないので使いたくない。
まぁ、特に意味なく一番左を選んだ。

ということで外国人登録番号と健保カード番号を入れる。

で、接種日時と場所を選ぶ。
施打地點の右側の選択ボタンを選ぶと、

こんな具合に場所リストが出るんだが、それぞれが実際どこなのかは別途調べないとわからんのよね。ちっと不便。
Google mapで検索しつつ行きやすいところを探した。

日時は、7月28日以前はすべて埋まっていて選べなかったので、29日の午前に済ませることにした。

はい、以上で完了。

簡単あっさり。
“AZ”とか記されているので、モノはAstraZenecaのやつだな。明治製菓製ぢゃろうか。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください