夏雪芒果

いやーもー暑いわ。37℃とか38℃とかなんなんかね。
納戸にこもって爆音の床置きクーラー回しておるが、29℃くらいまでしか下がりませんわ。
28℃なら普通に過ごせるんだが、29℃はちっと暑くてじっと机上作業していても汗かくんだよね。
いよいよクーラー直したいが内装工事が必要で、このご時世ではやってもらえぬだろうて。んぢゃ警戒レベルが下がったらすぐに、というのもそれはそれで我が日勤も再開してしまうので出入りの立ち会いが出来ないというね。どうにも直せんわ。

暑いとどうにも西瓜汁が欲しくなるのだが、ジュース屋は道渡って50mくらい先で、こう暑いとそのほんの50mで汗だくになるのでどうにも他の用事がないと気が乗らず、階下の全聯で西瓜を買ってきて食う程度になってしまう。ミキサー買ってしまおうかな。

で、全聯はもちろん他の果物もあるのだが、今年はマンゴーの種類が豊富でしてな。果物屋の高級品棚でしか見たことがなかった夏雪芒果とかあるのですよ。
当然高いので今まで食べたことはなかったのだが、せっかくなので挑戦してみましたよ。

1個$130とかしよるので正札では買わないのだ。それでも高いけどな。まぁ挑戦だし。

夏雪芒果は土芒果ベースの改良品種で、2008年の登録だそうな。我が在台歴より浅い。土芒果は筋っぽく小さくて糖度が低めなので、愛文の果肉の質と糖度、金煌の大きさと外観色を組み入れたものだとか。

中身は土芒果より橙がかっていて、愛文芒果っぽい色。
味は土芒果の筋っぽさを減らして甘くしたような感じで、開発生産者の狙ったとおりのものとなっているな。
まぁ美味いんだけど、愛文の2,3倍出してまで食わんでも良いかな、という感想。食べる部分がやや減るが筋っぽいのも嫌ではないし、土芒果や愛文芒果で十分であった。

カテゴリー: 台湾ローカルグルメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください