PCHome破綻

割と頻々と使うPCHomeだが、とにかく注文から着荷が早くてな。
ブランド名に併記している24時間でも早すぎると思うのに、台北市着荷にすると更に6時間だしな。日勤先に出勤してから発注かけるとその日の退勤までには着くという。もうね、朝PC触ったらマウスがチャタリング起こしててヤヴァい、なんてときはすぐ近くの光華商圏にすら行かず発注かけちゃうくらいでな。

この早さを実現するには当然相応の工数がかかっているはずなわけで、あまりに早くてこりゃちょっとしたことで破綻すんぢゃね、と予予気になっておったわけだけど、ついにやっぱり破綻してしまったのだ。

先般、コンビニや通販とかでの支払いに使っている街口支付で、通販の決済時2割引権があるで、期限近いで、っちゅう通知があって、ほんなら保存食のカップ麺とか買っちゃおうかね、とPCHomeで箱買いしてみた。
疫病で出荷や配送の遅れがある、っちゅうことは出ていたのでまぁ数日遅れるって感じかね、と思っておったが、折しも発注3日後に周囲から「ワシ5月末にPCHomeで発注したもんがあるんだが、まだ発送されないんぢゃけど」なんて話を聞いてしまうのだった。
弊方は如何かと申しますと、

もちろん1週間では進捗ありませんとも。

この遅れっぷりは巷間の話題になっておりまして。

24h變240h!物流爆量,PChome與momo兩大龍頭如何因應?

あたしゃまだ7日しか待っていないんで、もちろんまだっすよ。

しかしホレ今まで最長24時間待ち、まあたまに2,3日だが、だったのが突然2週以上になるとねぇ。

んでだ、明後日あたりに別エントリで挙げると思うが小さいテーブルと線香が入用になり、上記ニュースでも巷間でも”まだまし”とされているmomoで発注してみた。

ほう、週明け発送予定か。
どちらもmomo倉庫発送ではなく販売者直送なので、つまり次の営業日に発送する予定ってことだな。確かに受け取りだけの視点でみるとmomoのほうがましってところか。いや、東京時代を思い起こすと2日待ちってのも激速ですけど。

PCHomeは、6時間エリアの配送で配下の網家速配が手配されると過半は6時間以内に着かない、とかの問題もあるし、どないかせんといかんな。
まーもう一発なにか素晴らしいネタを実施してくだされ蔡凱文殿。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください