ミラー破損

先日台北市から板橋へ戻ろうと駐輪区画に行ったところ、小姐が一人なんか必死に電話して居った。ベッタリ左側に停めたスクータと御身で区画右端に停めた我が車両を挟むかたちで。

なんやねん邪魔ぢゃのうと思いつつ近づくと、電話を中断し「すみません壊しちゃいました、少々お待ちを」と来た。
見てみると、左ミラーステーがヴァッキリ折れていてモータ&デフロスト配線でぶら下がっている状態。
「警察呼んだのでお待ちを」とか。ここ歩道上だし駐車中だし駐輪区画だし、警察呼んだってねぇ。だがもう呼んだあとらしいのでやむなし、5分ほどで警官到着。

まぁやることは現状見るだけだよね。双方の身分証チェックして”交通事故ではないので双方話し合いで解決すべし”的な調書にサインして終了。

さてモノだが、折れているのはステー。この場合モータがいかれておらずステー部がバラ買いできれば$1000もいかんだろう。デフロスタは使わないので逝っていても何ら構わん。
問題はAssy部品だとかモータ逝っている場合。その場合$2000,3000いかれる。
相手方小姐は当初より修理費負担する気満々でほんの50m先に行きつけの修理屋があるので、一足先に修理屋に持っていって相談するのであとから来てもらうことにした。

で、修理屋。
前回のタイヤ空気漏れの修理の状態とかはなしつつ見てもらう。
このミラー、残念ながらステーごとAssy部品なので根本から全交換となる、と。お値段$3360。
数分後に相手小姐到着、その場で$3360精算して、警察絡んだ件についてはこれにて落着。

車両自体だが、残念ながら在庫はなく時間も遅くて調達もできんということで、翌日朝に調達して交換してもらうことに。その日は外したのみで一旦帰宅。

そして翌日。

片耳だけ芳一号。
修理屋に預けて、その日の帰宅時に引き取って修理完了。

修理後の様子は、まず左だけ新品なので塗装ハゲハゲの右と比べて綺麗すぎて違和感。
もう一つ、たたみきった際の角度があまい。幅が広くなるほどではないが、以前くらいきっちり閉じてほしかったが。
まぁともあれこれでOK。以上完了と。

カテゴリー: カーライフ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください