続 うまぴょい

はてさて接続できるようになった”ウマ娘プリティーダービー”であるが、時間と電池を猛烈に喰うので放置ぢゃったのよ。
いや完全放置っちゅうわけじゃなく、ログインすると毎日なんか何に役立つかわからんゲーム内アイテムをくれるので一応それはもらっておくのだが、もらって受け取りもせず終了、を続けて居った。

その過程で、USのフリーVPNサーバじゃなくても手持ちのAWS東京VPNサーバでつながるようになっていることを発見。
はっきりしないが、どうもPlay storeのアカウント設定状態が絡んでいるような。雑多な登録類に使っているGoogle accountの国設定を日本にしてみて以降通っている感じ。
どうもようわからんのでいつできなくなるか恐ろしいので金突っ込んだりするのは到底できん。
あ、それでついてに面倒なDMM版は止めて電話機に移行したのですよ。それで電池容量バカ食いを発見したわけで。

んでもまー個人VPNでも今のところ通っているわけだし、最初のきっかけである”うまぴょい”ってなんやねんの確認と、大好きだったライスシャワーの宝塚記念勝利を目指して今日は朝から1日ガッツリやってみた。

さて始めてすぐにもう一点問題発見。”アカウント連携”が出来ない。
Google accountやFacebookアカウントでバックアップを取る機能らしいが、接続エラーなるものが出る。まぁバックアップなぞいらんわ。

問題は、ガチャガチャガチャガチャ・・・・・・・・・が常識な日本のこの手ゲームに於いて如何にライスシャワーの馬主、じゃなくトレーナになるかっちゅうことだが、これは最初に候補20頭くらい中から1頭任意の馬を選出できる権利がついていて、候補の中にライスシャワーが居ったので無事解決。

はい、ライスシャワー。
服は皆共通なので無視だが、まぁ毛色とかはライスシャワー風かも。
出走すると黒い服になるのだが、腰にダガーつけていてラスト1,2ハロンあたりで必殺技っぽいのを出すときにそのダガーに手をかける。うーん”刺客”ってことか。気に入らんがいくらか背景を調べて作っておる様子ぢゃな。
なんかやたらおとなしいのもその結果かの。別に3歳の頃からおとなしいわけじゃなかったと思うが。”素直で従順”を”おとなしい”にしておるんかのぅ。

さて4時間ほどかけてライスシャワーを2回育ててみた。1回の育成で3歳春から5歳末までで、それを何度でもできるっちゅうシステム。
だがね、駄目ですわ。菊花賞でミホノブルボンをヴチ抜くのは出来たが、メジロマックイーンの春天皇賞三連覇が阻止できん。そこで中途強制育成終了。
まーめっちゃやり込んだ競馬ゲームでもステイヤー育成はダメだったのでちょいと一旦トレーニンク修行するか、ってことで試しにダイワスカーレットっちゅう名前だけ聞いたことがある馬を育ててみたら、あっさり5歳年末まで完走。

これがダイワスカーレットなんだそうな。知らん馬なので雰囲気とかあるかはわからん。
なお一番上の”たか”っちゅうんは起動時にテキトーに押してつけたトレーナ名。今はきっちり”ぽて”に変更済みである。なんかネット経由で他ユーザとチーム組んでなんかもらう機能があるので、”たか”は我が実名に近く悪くもないのだが、あ行2文字はテキトーぶりがにじみ出ていかんと思い。
んでダイワスカーレットの状態は、先行でマイラー寄りの中距離馬。好みは差しステイヤーだが、やっぱりワシの初期状態は先行マイラーらしいので、ここでこのゲームの世界システムを知ろうってことで知っているスーパースプリンターであるところのサクラバクシンオーを育ててみることに。

これまでで見えてきたのは、最初に血統を作って調教サポータをつけるわけだが、まず血統で能力を上げ底出来、血が優秀なら3歳末までは勝ち上がれるということ。
調教サポータは”カード”なのだが、それの良いもんを用意しておくと必殺技とか4歳以降の調教での上がり幅が強力になる。
そんでそのへんをざっくり意識してやってみたところ、サクラバクシンオーは5歳末までの完走どころか、それ以降のおまけてっぺんレース3連戦を勝ち抜き、完全完走をしてくれよった。

ほんでですよ、そのおまけてっぺんレース決勝後に、”うまぴょい伝説”が流れた。
あーこれがその歌であるところの”うまぴょい”ね。しかしうまぴょいするとかのうまぴょいと結びつかんままですぜ。

ということで結局うまぴょいについては不明なまま。
まぁ一旦諦めたしもういいや、ってことで放置して、ここまでの修行を活かしてもういっちょライスシャワーの育成に取り掛かる。

・・・で、ついに5歳天皇賞春でメジロマックイーンから逃げ切って3連勝阻止成功。やったね。
続いて5歳宝塚記念も無事勝ちきり。
本当は無事勝ちきりたいのは7歳の宝塚だが、5歳いっぱいまでしか出来ないゲームなのでやむをえん。
そのへんシステムでも意識しておるらしく、5歳宝塚記念は事故で開催地変更、京都競馬場にしてくれよった。件の地震での京都変更ってことだな。まさに逝ったレースそのもの。
んでその京都宝塚記念を無事1着。満足なり。
まぁ最後のおまけてっぺんレースでは予選敗退だけどね。しばらくしてまだ飽きていなくて接続できるようならライスシャワー完全完走もしてみたいとは思うわ。

もういっちょ、各馬のストーリーテリングビデオアニメが入っていて、ライスシャワー含む知っている馬のやつを3, 4つ見てみた。
そも牡馬が女の子だったり何度でも3歳-5歳を繰り返せたり3冠どころか6冠狙えるとか無茶はあるのでややズレているのはやむを得んとすると、どの馬もなかなかしっかり出来ておる。
こういう背景固めが人気につながるんぢゃろうな。
あと、レース時のアナウンスがとっても杉本節。おもろい。

ただね、ゲームとしては1ヶ月もすると飽きそうだし、時間と電池をバカ食いするのでそのへん乗り切れるかが懸念ですかね。
あたしゃもはや飽き始めており、時間が惜しいので微妙感を抱き始めておる。電池バカ食いなので自宅でしか出来んし。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください