差別

今朝Twitterで見かけた差別についての連投、普通なら「ほーそうか」程度で済むことだと思うが、ワシ観点だと非常にまずい。無差別別原理主義の階段を数段登った段階だ。
無差別原理主義では社会は持てないしそれどころかほんの一時も生きられないので、自分含む全てに主義を隠してやりくりすることになって人としてダメになるぞ。

まぁ差別の悟りはまだまだ遥か彼方にあってそれは唯一無二なはずだが、その道程は幾つも分岐があるだろうので、無差別原理主義ルートには行かないことも大いに有り得るだろうと思うのだが、毎日2時間30余年集中して差別について考えた結果無差別原理主義ルートに入り込んだアホとしてはやっぱ気になる。
その先の分岐で良い方向に行くことを期待するのも良いが、まだ数段登った今のうちに飛び降りてしまうほうが良いのではないかと。

無差別原理主義ルートは、登っているというか下っておる感じだぞ。
登ったつもりで下っていたってくらいで悟りまでのルートは4次元的なようでこの道もやがては悟りにつながる確証はあるが、ホントダメよこのルート。
まずね、ヒト以外の生き物すべてが差別なく生きているのか、ということを驕りなく冷静に深く追求するべきさ。ヒトなんぞより何億年も何十億年も先輩なんだから。
それが遅れるとこのルートに行ってしまうぞ。

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください