SIP電話

さてアタクシここにいるのは”移住”なんで、東京を出る際にきっちり・・・でもないが住民を脱退しておる。
でもって常識的には居るはずの家族親族が訳アリで居らんので、まず起こる問題として日本の銀行口座が持てないというもの。自ら申し出たりはしていないが「アナタ国外転居で住民票ないぢゃん」とバレてゆき、結局移住2年内に一つ残して所有全口座、少々の残高ごと強制解除となってしまったのでした。
2親等内の保証人をつけろ、という話もあったんだが上述の通りそんなものはなく、各行2,3万円くらいづつあった残高はどこに行ったものやら全滅してしまったのでした。要らんこと考えずきっちり全額抜き出して持ち込みゃよかったっすねまったく。

唯一残った某行の口座だが、これもオフレコで確認してみたところ「連絡がつかなかった時点で解除となる可能性がある」とのことで、まずは郵便物の宛先として”様方”宛先を用意、以前使っていたNTT DoCoMoの契約を戻して電話を受けられるようにして、さらにもういっちょ効果の程は不明な防衛策をとってなんとか現在まで維持できておる。
まーもー母も死んだしなくなっても良さそうなもんだが、そうも行かなくてな。日本の小規模業務だと何故か意地でも日本国内で支払いを求める変なのが多いので、新規契約できない以上対処には維持が必要というもので。
こっちの銀行も日本内に支店を持つものが多いが、日本の銀行法の規定で日本支店を利用できるのは日本住民に限るんだと。無意味。

んでね、NTT DoCoMoなんだけど銀行の電話連絡なんぞほとんどあるもんじゃないので、何ら使わんものに毎月2000円くらい取られていくわけですよ。
カードで支払っているが、稀に決済ミスることがあってその際にNTTファイナンスは再請求とかせずいきなり銀行口座入金を求めてくるわけで、そうなると千数百円入金するために7千数百円送金せにゃならん。実に暴れたくなるほどバカバカしい。

そこでSkypeとか検討したが日本の電話番号持つと異様に高額で便利性含めるとDoCoMoで良いやになってしまう。
そんな中、数年前に楽天のSMARTalkなるSIP IP電話を教わりまして。
これは電話番号持つだけなら維持費無し、発信に対して料金発生、というものなので我が目的においてはほぼ支払いなしでいけるのだわ。稀にネットバンク操作が必要な際の電話確認で発信する程度で済むはず。
そこで早速契約、つかってみた。

だがしかしこのSMARTalk、さすが楽天というべきかダメダメでなぁ。
ま、SIP PhoneなんでシステムとかサーバはOKよ。外から買ってきて設定とかして置いておきちょびっと管理するだけだしな、SIP Phoneの技術なぞもう枯れたもんだ。
でもな、クライアントアプリが使いもんにならん。
AndroidとiOSで同名のSMARTalkという指定アプリがあるんだが、こいつはバックグラウンドで動作中じゃないと着信しないし、東京都区内の利用で恐ろしい音質の悪さと5秒とかの大遅延で凡そ通話にならん。
台北からだと音質はさほど悪くないが遅延はそのままで、オンラインバンク操作の確認電話でトーン応答しようとしてもタイムアウトで切られてしまう体たらく。
もうダメなんだが、ここまで悪けりゃそのうち改善されるんじゃないかとそのまま放置して様子を見ていたんだが、数年経っても改善なし。やっぱ楽天なのかねー。

でも昨年頭にもカード決済ミスりよって無為に数千円捨てさせられて我慢ならなくなり、DoCoMoを停止すべくちょっとしっかりSIP Phoneを検討してみた。

どうやらSMARTalkは指定のSMARTalkアプリ以外を弾いているわけではなく、他のSIP Phoneクライアントも使えるらしい。
そこで設定情報を調べ上げ、数多ある他のクライアントを使ってみた。
結果、試したものは概ね使えるのだが、PortSIP Softphoneが簡素で安定していていい感じなのでこれでいくことにした。
で、早速銀行の登録電話番号をSMARTalkの電話番号に変更。1年そのままおいてみたところ特に問題とされず、オンラインバンク操作の確認作業でのこちらからの発信、先日あった銀行からの電話着信もともにOKで問題とされずに済んだので、ようよう先週NTT DoCoMoの契約を停止したのでした。

SMARTalkアプリもAcrobits: VoIP SIP SoftphoneのOEMらしいし、楽天としてももう諦めて指定をやめて外部アプリを使うよう推奨にしたほうが良いんじゃないかねー。事情はしらんけど直せないんでしょ、悪評積み立てるよりよほど良いと思うが。

カテゴリー: ガジェット パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください