太魯閣號脱線

今朝9:30頃、花蓮で臺鐵の脱線事故があったと。
4連休だし南部にでも行きたかったところではあるが現在新製品立ち上げで激多忙なので休んで居られないのでパスしたのでござって、流石に直接事故車に乗り合わせる可能性は低いが運休だの渋滞だのの影響を受けることはほぼ間違いないので、パスになって助かったと言えようか。

【不斷更新】太魯閣撞工程車慘劇 已釀48死66輕重傷

今もゴリゴリ更新されているが、現状48人死亡の66人怪我。1961年7月の嘉義バス衝突事故の48人死亡を超えてトップ被害になる勢いの大事故だ。
事故原因も確定ではないが、現在のところ工事車両が滑落で軌道内に入り、衝突で脱線+トンネル内で壁に衝突、ということらしい。
先頭4両が派手に変形、死傷者もこの4両に集中していると。

事故要因と思しき工事車の運転手は警察で聴取中。最もよく要因を知っているであろう太魯閣號の運転手は衝突時即死、以前の普悠瑪號の事故の反省で2019年から運転手とともに先頭車に乗るようになった”隨車機務員”は病院に運ばれたが重傷死亡につき話を聞ける当事者は工事車の運転手だけなのだな。
「一人の白痴が重大な損害を引き起こした」などの話も出ているが、軌道内に入った工事車との接触が原因なのは間違いなさそうだが、滑落がどんな事情だったのかわからんのでなんともいえんな。

現場は清水隧道、線路脇まで道路があるせいか復旧は18:00を目指しているとか。こんだけの大事故なのに早いな。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください