いろいろ調達

春節にピザとかやったわけだけども、あれはケチャップを塗ったのがどうもピザとしてはおかしいところでな。やっぱピザソースであるべきところなわけですよ。
そういえば全聯とかそこいらの店ではピザソース見た覚えがないが内国産の手頃なものはあるんだろうか、と思って探ってみたら難なく見つかったわ。可果美なので質も問題なかろうというもの。

PCHomeで売っているとのことなので早速調達にかかるが、送料が。本体$59に対し送料$80とかいかんでしょ。ほんなら送料無料になる金額まで複数本買っておくかと思ったんだが、残念在庫が1本しかない。ついでにマヨネーズも加えてみたが送料無料までには遠いしマヨネーズはまとめ買いしたいと思えん。

そこで、もう5年以上使ってすっかり電池がヘタレた歯ブラシを買い換えて、発注合計額を送料無料域に入れることにした。歯ブラシの買い替えは2年くらい前から考えていたので無駄買いではないしな。
んで歯ブラシを探っていたら、これまた数年前からほしいと思っていたウォーターフロスがかなり安くなっておってだな。うっかりこれもカート投入。ほしいと思っていたし年齢なりに歯茎後退で入用と言えなくもないところだが、ムダ買いっちゃ無駄買いかも。
更に加えて、これはもう10年以上前からほしいと思っていたひき肉機も併せて調達。ひき肉機、かなり高いものだという印象だったが$1000で見つけまして。まー樹脂部品主体なのでいろいろ不都合はあろうが、この価格ならよろしかろうかと。
豚ひき肉の入手は困らんけど、牛ひき肉は家樂福まで行かないとならないし度々なかったりもするし。イワシつみれも入手不能に近い入手難なので作ってしまおうかと思っておったし。

そんなわけで以上5点$6980をもって発注。もちろん余裕どころじゃないほどの送料無料域到達ですよ。

翌日着荷。

歯ブラシは先代はBrownだったのだが、先々代のPhilipsに戻してみた。
この数年間で随分と振動数が上がったようで、517Hzとかもう音領域。
1度目はビビったが初めて電動を使ったとき同様すぐに慣れるもんで、全く問題ない。磨けっぷりは電池ヘタレの先代に比べると当然ながらもう雲泥の差で。

ウォーターフロスは数年前にもチェックしたPanasonicモノ。Doltzって記されているな。Doltzって別のメーカじゃないんかな。提携とかか?
まぁ$3000もしないものなので高望みはいかんのだろうけど、もちっと水タンク容量と圧力を上げてほしい感じではあった。でもいいや、使った前と後ではかなり差があるから十分有用と言えよう。

ひき肉機、なんか日本製/日本企画であるっぽい推しなのだが、ご覧の通り間違いなく日本モノではない。
これは怪しいね、謀って日本系を称するモノは大概ダメ製品だからのぅ。
昨日投げ売り状態の牛スネ肉1kgを入手したので、今夜辺り使ってみてハンバーグでもやってみようかと。
もし問題なくサクサク挽けるようなら、一気に1kg挽いてミートソース用にストックしようと思う。

カテゴリー: 台湾生活, ガジェット パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください