MacOS 大アップデート

ここ1,2ヶ月は多忙でMacOSは起動もしていなかったのだが、先日パスワードマネージャをKeepassからBitwarenに切り替え、Bitwarenへ以降で問題なしと判断したのでWindows3つとLinuxに続きMacOSにBitwarenを設定するために起動したところ、いつもの”アップデートがあります”が出たのだ。

まーいつものただのアップデートだんべ、とひとまずBitwaren設定してからインストール&再起動したところ、なんか終了にやたら時間がかかる。
再起動にも時間がかかり、リンゴマークが出て数分後、

えっえっ、何してんのなんでそんな時間かかんの!
やっべぇこれは件の”Big Sur”とかなんとかいうヤヴァいOSに勝手アップデートされているのかもしれん。
ひっでぇな、今まではOSのメジャーアップは自動でされることはなく明確にメジャーアップデートすると指定しなきゃされなかったのに。あ、ただしメジャーアップの通知が都度都度ポコポコ右上に出てきてウザくてやがて根負けするんだけど。
でも”アップデートがあります”で勝手にやられることは今までなかったのでそこだけは信じていたのに・・・

こうなってしまうとブチ切りは危険な気がするので已むなく諦めて買い物に出る。
戻ってみると作業は終わっていてログイン画面。
悪評の一部、”アップデート作業に失敗しBrick化”はなかったようでまずは一安心。

で、ドキドキのOSバージョン確認。

うわーん良かったよー、勝手に”Big Sur”やらなんやらにされはしなかったよー!

いやまぁ”Big Sur”とやらをそこまで信用していないわけでもなくBrick化しないならそこで安心しても良さげなもんではあるんだが、ΑρριeはOSアップデートで容赦予告なく過去の資産を切り捨てるので嫌なのだ。
今回の場合の一例は、CatalinaでATENのイーサネットアダプタにドライバ警告が出るようになっていたので、メジャーアップされると使えなくなりかねないんで。
それは要買い替えとなって不可なので、根負けするまでは今のまま使っていきたいのよ。

ところでiOSの方はヒドいね。
メジャーアップでは頻々と通知が出るところまでは同じだが、何度アップデートしない旨選んでも百度の解約が如くしつこくやっぱりしませんかどうしてもしませんか的に繰り返し尋ねてくるのでやがて押し間違いでアップされてしまう。

カテゴリー: ガジェット パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください