SSKさば醤油煮缶

いきなりタイトルと全く無関係だが、先週末から今週頭にかけて花蓮台東ツアーに行ってきたのですよ。日勤先の員工旅遊でガイド付きパックツアー。昨年のツアー参加デビューに続き、国内をパックツアーで巡ったのも初めてだ。
そのへんは4日間で長いので週末に挙げることとし、今回はただの日常を。

以前触れたSSKサバ缶は、水煮は相変わらず温存中。
まぁ勝手ながらなのだが味噌煮が期待はずれだったのでちょいとばかりビビっているということもある。まさかの水煮まで期待はずれなんてことになったらがっかり具合が痛烈ぢゃでなぁ。

ほんでもって、前回は購入をパスした醤油煮缶を一つ買ってみたのだよ。
食べてみるってぇと、これが・・・なんとも甘い。
甘さ自体は味噌煮よりやや上か。醤油煮で甘いとは意外なとこ突かれたしがっかりである。
なお、特にまずいわけではないが・・・甘いのは要らんのぢゃ。
味噌煮は濃すぎ、醤油煮は甘すぎ、これは水煮の先行きも曇ってきたというものか。

えーそんなわけで暫定結論は、
サバ缶は地場ものトマト煮が味も価格も最良
、と。
はーもーさっさと水煮試して日本サバ缶から離れるかな。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください