サバ缶

2ヶ月余りの放置期間も活動はしていたわけで、いくつか写真もあったりとかするわけでな。
中秋バーベキューとかのイベントもあったが全部挙げるのも大変なので、かるーく一つだけ。

9月初旬の話だが、階下の全聯で缶詰見てみたらなんとトマト煮じゃないサバ缶を発見。

SSK、清水食品ぢゃないっすか。地場もの味噌煮は今ひとつであったがこれはOKだろう。
何故か値札上は、左隣のくらし良好ツナ缶同様生活良好とされているが。
というわけで高めだが水煮と味噌煮を1つずつ調達。

味噌煮は食べてみたのだが、味が濃すぎるわ。いや日本では標準だと思うよ、でももう体質がこっちもんになっているようでな。
地場ものは美味くないが日本ものは濃すぎ。うーん、安価な地場ものトマト煮が一番美味い感じでなんとも。

なお、水煮は今もまだ食しておらず置いてある。水煮で味が濃すぎってこたぁないだろうので期待しておるのだけど。そろそろ試してみるかな。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください