マヨネーズ

カキフライのためのパン粉調達で階下の全聯に行ったのだわ。
一応行くたびにダメ元でマヨネーズを探しているのだが、今回ついに可能性のあるマヨネーズを見つけたのだ。

Hellmann's

スペインマヨネーズ。
このHellmannってのはそもそもかなりメジャーメーカーらしいな。今はユニリーバのブランドになっているらしいが。

KRAFTのUSマヨネーズはやっぱり甘くてコケているので油断はならない。しかも成分表に”糖”が記されているし。
んでも日本国外産にした上値上げをかましよったキューピーものに比べると半額だし、使えるかは試してみにゃならん、と買ってみた。

ほんで使ってみたが、やや脂っぽくて酸味が足りないが十分使える。自作モノよりは美味い。
とりあえず次回あと1,2本調達しておこうと思う。輸入もんはよく入荷しなくなるからな。

いやしかし甘くなくてよかった。USマヨでコケて以来、世界標準ではマヨネーズは甘いが常識なのかと思い始めておったわ。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください