南韓インスタント麺

今日も郵局に行ってみたんだな、件の返送品引き取りで。
しかしだ、平常の土曜だと思っていた今日もガッチリシャッターは閉ざされているのでした。
どうやら”和平紀念日4連休”ってことになっているようで。

ま、そんなこともあろうかとは思っておったさ。なので本題は別に用意がある。家樂福まで行かないと手に入らない、もち米とメンマを調達ぢゃ。
ということで莒光郵局は素通りして家樂福へ。

もち米もメンマももはや馴染みなので場所もよーわかっておって、さっと調達完了。
でも、近くとはいえ最近はめったに来ないのでせっかくなので一渡り見てみる。

するってぇとインスタント麺の常設棚でなかなかビックリなものを発見。

南韓麺

いや別に南韓の麺は珍しいわけではないが、問題はこの値段ですよ。
NTD200って、香港出前一丁5pcs packの倍額だで。
香港出前一丁は多くが認める出来の良さなので、その倍額取るにゃよっぽど素晴らしくなきゃならんぞ。
レトルトの具が付いているかなり美味い地場麺でも3個パックNTD100くらいなので倍まではいかないわけで、それをも超えにゃならんっちゅうことだ。

5分ほど気を向けていたが、誰も買わず、手にとった人すらなかった。
ま~そりゃそうだよな、どう見てもNTD200の価値があるように見えないし、”意外にすごいかも”と思おうにもギャンブルが過ぎるわ。
で、ワタクシもこれには手が出せず、NTD80の冷凍ピザを見つけたのでそれ買ってみて以上終了、と。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください