出進口廠商登記・銀行口座準備完了

さて今日は昨日のやり残し、籌備處口座を正規社名義の口座に切り替える手配だ。

午前中は日本の顧客からの荷物到着待ちをして確認後、午後から近所の銀行へ。
行くべき窓口は台灣元口座開設の窓口で、籌備處口座を作ったときに支店長から処理を引き継いだ同じ担当者。

そういえばそこまで触れていなかったが、ワシは居留でゴタゴタしたせいで居留証正本カードを持っておらず移民局発行のレシートが居留証代わりになっているので、それで口座を作るためにかなり上まで話す必要があったようで。移民署に説得してもらった相手もその支店長だ。

「公司設立ができたので口座名義を変更したい」と切り出すと、「ずいぶん早かったですね」と。
電子化推進と台北縣政府で完結するようになったせいでかなり高速化されたそうだ、と言っておく。
実は昨夜、お世話ご心配を戴いた方々を訪ね回って報告とご挨拶をしたのだが、同じことを言われた。
今年起業した人でも2ヶ月要したそうだ。最初の予審でも2週間とかかかったそうで。さすがに2週間はかかりすぎな気がするので、自分で申請した利点だったかと思う。

処理の内容は、結局のところ新規で社名口座を作って資金を移動するやり方。
なので籌備處口座を作るときと同じだけ書類作成が必要だった。
金融卡(キャッシュカード)も欲しかったんだが、これは全処理が終わる来週を待たねばならんらしい。まぁかまわんけど。
また、居留証が発行されたらそれを持ってきて提示するように、とのこと。

15:00、口座作成完了。
続いて外貨口座も作っておくことにする。海外からは主にUSDで入金されるので、あったほうが良かろうと。
で、2Fの外資窓口で外貨口座作成。台灣元口座とは別番号の別口座になるそうだ。さらに時間の問題で、通帳の発行は来週月曜になるとのこと。
ほんで台灣元口座を作るのと同じ手配を行なう。違いは一点、英文社名を記すこと。
この時点では英文社名は確定したという連絡が来ていないので記帳士に電話しようとしたら、電話持ってくるの忘れた。
まぁ昨夜も確認してPotech Co., Ltd.は空いていたしOKだろ、ということで見切りで申請。
初期金USD100積んで手続き完了。
日本の顧客は日本円で支払いたがる場合はあるので、円口座もつけておいた。つまり外貨口座はUSDとJPY。

以上で今日のところは銀行完了。帰宅。

帰宅すると經濟部國際貿易局からMailが来ていた。出進口廠商登記の登記完了連絡。
これで輸出入できるし、英文社名も確定。

そろそろ名刺も作りたい。
名刺デザインは社ロゴとともにデザイナーな日本の友人が作ってくれているので、最終データ待ち。
昨日統一編號を連絡したので、これを反映した最終データをもらえるはず。それをもって印刷手配だ。まぁ来週にはできるであろう。

昨日18:00に、居留処置を依頼している記帳士から連絡があり、友人企業應聘での工作許可が下りたとのこと。
これについて、新公司設立が完了したことの報告含め招聘元に連絡したところ、1ヶ月の雇用で試用期間中に退職にする、という手配をすることになった、と回答戴いた。この措置は記帳士との確認も取れているそうで、問題なくいけるはず。
で、来週早々にもう一度記帳士に会い、波特電子[Potech]での我が招聘の打ち合わせと契約をすることにした。
外國人招聘は電子化も進んでおらずセンシティブで、ワシは学歴の問題で普通にはいかないので専門家にお任せする。
應聘先退職 – 波特電子[Potech]での招聘 – 居留証/再入国許可証手配、までをやってもらう。

起業のほうは次のステップとして、國税局の査察がある。
今日査察日時の連絡があるかとも思ったのだが、今日はなにもなかった。まぁ来週なんだろうな。
もしかするとこちらから國税局にアクションかけないといけないんだろうか。

カテゴリー: 起業開業 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください