名刺作成・複合機検討

今朝名刺デザインのデータが上がってきた。
早速印刷に出したいところだが、午前中はいつもの通りオシゴト。最近は午前中に仕事して午後から起業・居留の手配に動く、というパターンだな。

んでまずは近くの印刷屋。
2軒回ってみたんだが、その辺の印刷屋では名刺はやっていないんだな。2軒とも断られた。
ならば前回借りた看板の名刺を作った文具屋だ。長安東路二段なのでオフィスからやや離れているが、記帳契約予定の會計士事務所がその近くだからまぁよろしかろうと。

オーダーは簡単。既にできあがっているデータがあるのでそれ渡して用紙を指定するのみ。
来週火曜日完成とのこと。

次いで光華商場へ行っておく。
昨日、デモ用評価機が日本から届いたのだが、出力がD端子なので合うケーブルを仕入れようと。
D端子は日本独自だしもうHDMIへの置き換えが進んでいるのでなかなか見つからなかったが、何とかひとつ発見して購入。NTD400。高いなぁ。
それとその捜索の道々、複合機を検討。
やっぱりFAX付きにしておこうと。周囲にさんざんヒアリングした結果、FAXが仕事の入り口になることもあるそうなので。FAXモデムなど買うと勿論別途費用が必要だが、FAX付き複合機にすれば殆ど値差はない。
PCとの接続でFAX送受信ができるものにする。すると印刷の機会は多くないので、機体価格が高いレーザーよりもインクジェットのほうが良かろう。
こういう条件で考え、最終的にbrotherとHPで迷った。
brotherの欠点は、候補機種が日本で売られていないこと。
ということはドライバが中文、良くても英文なはず。すると、もし中文ドライバだったりするとインターフェースの文字化けまくりの可能性が高い。
なぜかこっちのファーム屋・ソフト屋は中華のことしか考えられない輩が殆どで、たとえば公司設立登記でもらったあのカード、中華電信製のアプリとActiveXを使うんだが、カード読み取り情報もツールの各表示も化けまくり。Windows xpのUnicode非対応時デフォルト言語を繁体中文にすれば正しく出るけど、まぁこんなもんなのだ。
ツール類のUIが化けている程度なら何とかできるかもしれんが、印刷結果にまで影響されたりしたら堪らん。というか使い物にならない。
その点HPは日本でも同モデル同機番が売られているので、ドライバに関して安心感がある。
そこで少々高めだが、HPに決定。モノはOfficejet 6500だ。NTD5500。

ここで買ってしまおうかと思ったが、箱がかなりデカいので持ち帰りが大変。雨も降りだしたし。
そこで、現居1Fの燦坤で値段を見てみることにした。多少高いくらいなら燦坤で買った方が良いというもの。

そして燦坤。
Officejet 6500は積まれていて、価格はNTD5480。おっとこれはもうここでの購入決定でしょ。
んで、買おうとしたんだが、猛烈に買いづらい。
レジに持って行ってくれた兄ちゃんとレジの姉ちゃんとの話がなぜか全く伝達されず、同じことを2人にそれぞれ聞かれる。
非会員価格NTD6499、会費NTD400/年なので勿論入会しての購入としたいしその旨伝えたんだが、なぜか非会員価格を提示される。なんでだよ。
しまいにゃ統一編號を打つか聞かれたからカード取り出して番号確認して伝えたら「はぁ?(上り調子)それなんの番号?」とか言われた。5秒前に自分が聞いたことを忘れている。
たかだか家電量販店での買い物にここまでくだらない面倒はイヤなので、「いらんわ、もう」と言い捨てて脱出。保証書用のシール箱に貼ったりレジに値段打ったりと販売を進めてはおったが、んなもな気遣う気にもならんかった。

一応明日朝にも行ってみて、店員が違っていたら買おうと思う。
同じだったら、オフィス設置後でいいや、もう。どうしてもすぐに欲しいもんでもなし。

帰宅後食器を洗っていたら、家主殿から電話アリ。明日オフィス/新居候補の鍵を戴けるとのこと。
明日からオフィス設置開始ですな。

カテゴリー: ガジェット, 起業開業 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください