登記手続きについて再考

昨日・今日は土日で役所が動かないので、居留も起業関連も停止。
んで両日は普通の業務をこなしつついつもの掃除洗濯など。掃除は転居が近いので、やや細かいところもやっておいた。

“転居が近い”というのは、オフィス登記住所も現居家主殿に提供戴いたもので、ならば同条件で転居しては如何か、と提案戴いたのだ。
登記用に部分的に借りることになるから、同建物に住まない場合はすぐ近くとはいっても郵便物や荷物が届いたりしたときに引き取りに行かねばならない。
そんで見せて戴き、問題なしだったので先週契約させて戴いたのだ。
開業時に転居予定なので、8/11あたりから数日かけて移動予定。すぐ近くだから自力で往復して荷物運びきろうというわけだ。

先週は結構動きがあったので、予定表をメンテナンスしてみた。

詳しくは見せぬが、こんな感じ。8/16に登記手続き全て完了、活動開始な感じ。
今後の処理部分は多めに余裕を見ているので、実際はもっと早く終わるつもりではある。

ところで公司設立登記についてだが、出資者殿の全面協力を戴いたおかげで申請書類は概ねできあがっておる状態。
末尾1の、条件付き事業項目を削除するのみ。
で、この事前審査をした事業項目から変更する処理がやや不透明なのでこのために記帳士をつけようと思ったんだが、公司設立登記以後の營利事業登記と出進⼝廠商登記(輸出⼊事業者登録)はかなり簡単っぽいので、これらは自分でやるので本当に公司設立登記だけの依頼だし、上記の通り申請書類は概ねできあがっておるわけで、NTD8000ってのはなんかなぁ、と。
というわけで、全書類を記帳士に提示して、値切ってみようかと思っておる。友人からの紹介だし話せる記帳士に思えるので、いけると思うんだな。
ダメならこの際、最後まで自分でやっちゃう、というのももう一度考えてみようと思う。

ということで、明日は投資審議委員會への投資審定完了確認参りと記帳士との面談交渉の予定。
現在申請中の雇用審査通過の見込みがたったら、招聘元との諸費用支払いの話し合いも必要。

カテゴリー: 起業開業 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください