通勤の友故障

今日は目覚まし時計(携帯電話だが)の不調(電池切れだが)のせいでちょいと遅めに家を出た。
遅めとはいっても通勤時間40分に対して1時間前なのでまだ余裕なんだけど。

で、調子よく民権東路を突っ走っておりますと、建國北路との交差点のあたりでトラブルが。

交差点50mほど手前のところで、左後ろで「ゴン」と鳴ったわけですわ。
なんだよもーまた誰か突っ込んできたか、と思ったが、べつに横向きの衝撃もないし、ミラーにもそんな対象は写っていない。
で、ちょいと加速しようかと思ったらトルクが完全に抜けてしまっていてダメ。

あいや、パワートレインでトラブルですよ。
とりあえず歩道に退避して様子を見ると、タイヤとエンジンが全くリンクしない。
ゴンという音があったことも考えるとどうもドライブベルト切れじゃないかと。
でもってちょいとふかしてみると、コロッと何か出てきた。それが見事ドライブベルトの欠片。

しかしコロッと出てくるということは、ベルトケースが開放なんだなきっと。
するってぇと、
・ 走行10000km以上ノーチェック : ○
・ 雨天走行が多い : ○
・ 長期間屋外放置 : ○
うむ、切れてもおかしくないぞ。中古で買ってさらに15000kmだからな。
しかし開放となると、プーリーとか周辺も錆びてやばいことになっているような気もする。あーまいったねこりゃ。

で、いたしかたなくそこで手頃な置き場に止めて、そこからバスで出勤。遅刻になっちまったわい。
帰りに戻ってどこかで修理手配せねば。困るのは近くにバイク屋がなかったことだな。長距離押し歩くのは面倒だなぁ。かといって移送手配するのもなんだし。

しかし去年のスロットルワイヤー切れといい、故障といえるトラブルはなんだって出勤途上で起こってくれるんだろうなぁ。
距離比率でいえば休日に起こるほうが多いはずだし、どちらかといえば帰宅中に起こってくれたほうが助かるんだが。

カテゴリー: カーライフ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください