魚干

今日はおでん仕込もうと思いまして、夕方に露天市場へ。

でまぁおでんの材料については首尾よく難なく手に入れたのだが、他にもちょいちょい買ってきてしまってなぁ。

まずは炸雞、からあげだ。
見た目も唐揚げ風で炸雞っぽくなくて、しかももも肉の他胸肉版もあるってことで買ってしまった。
衣は少し片栗粉が混ざっているっぽい感じでたいへんよろしかった。$50で8個くらいだし、今後も買ってしまいそうだ。

でもってこれはついでではなく本命なのだが、きびなごの煮干しを購入。最近馴染みのおばちゃんのところで。
ここは柔らかい版と固い版があるっていつも言われるのだが、両方それぞれ買ってみたが違いがわからん。
そこで今回は両方同時に買ってみた。同時に食べ比べてみようってわけで。
煮干しの隣の皿に”扁魚”があった。
まぁ初めて見るってわけでもないんだけど、以前調べてみたら扁魚は比目魚つまりヒラメの一種とのことだが、小アジくらいのサイズなのよ。ヒラメがそんなちっこくて安いわけないだろ、と今まで手を出したことはなかったんだが、知らぬままなのもなんだと思い今回買ってみた。

左から、柔らかい丁香魚干、固い丁香魚干、扁魚干。

丁香魚干、色は少々違う。柔らかいほうが粉吹いたみたいな感じになっている。
ほいで食べ比べてみたが、やっぱ違いは微妙。まぁ強いて言えばおっしゃるとおり硬さが違うか、ってな程度。
これはまぁ、どっちでもいいな。値段も同じだし。

扁魚干は、みりん干しみたいなのを想像していたんだがただの素干しで甘みとかなかった。まぁ個人的にはそのほうが良いので結構である。
味については、そんなにうまくもないかな、って感じ。丁香魚の倍額なのでまぁ今後は別に買う必要もないな。
なお、噛んでいるとかなり粘るので歯に貼りついて飲み物がないとちっと難儀である。

あとこの魚干おばちゃんの隣に出ていたレモン汁屋でレモン汁買った。
レモンもレモン汁も切らしておったし、自分で絞ると濾すのが結構大変なんで、300mlで$100と割高だが美味そうな黄レモンだったし絞る手数もないってことで買ってしまった。600mlもあったがそこまでは要らないかなと。割高感も増すしな。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。