漏水対処 2

改題したが前件”漏雨 4箇所目“の続きだ。

9月27日22:00頃に漏水に気づき、やむなく翌日17:00頃まで様子を見たが収まらず、28日22:00頃にまた雨だれが始まった。
ここでなかなかに強い薬品臭。この臭気と毎日夜間から早朝にかけて雨だれで日中は滴下するほどではなくなる、ということから、排水っぽい感じだな。
自区分と比較して上下を合わせると、上階のキッチン排水が漏れていると思われる。

とりあえずクーラーの排水ダダ漏れの際に使ったプラコンテナで水を受け、その翌日29日日中に管理組合に相談に行った。まーね、漏水だしあんま期待は出来ないんだけど。

んで、組合總幹事曰く、
「まずは責任区分確認ですな、あなたの区分なら自己責任修理だし、上階の区分なら上階の責任修理、共用部なら再考だし。」と。
うんまぁそうだ、普通の対応ですな。管理組合だって各区分所有者の資金を預かっているわけでそう安易に組合で修理するわけにもいかんわね。
「毎週金曜日にこの建物を見ている水電工が来るから、9:00 – 16:00で時間とって彼に見聞させてくれんかね。」とのこと。
うーん、うっかり放置すると崩壊とかとんでもないことに発展するおそれもあるので早急に動きたいが、金曜日中って普通は時間取れんだろ。
でも仕方ないのでもう休暇を取り、早速翌々日の9:00に見てもらうことにした。

ほんで当日10月1日、8:40に水電工登場。早いのはちょっとめずらしい。時間が雑なのはもう慣れたわ。もちろんダメに決まってはいるが、華人殿はこれで数千年やってきたせいでそれで正しいと疑わないのだろう。

で、結果は「こりゃヤヴァいね」と。完蛋だと。見立ては我が推測と同じく、上階の排水漏れだろうとのこと。
上階の様子を見て結果を知らせるので待つべし、と言い残して完了、退出。

で、昼過ぎまで待ってみたが応答なし。そらまぁ上階だってこんな時間には居ないんだろう、と通常勤務に戻って、3日待ってみたがやっぱり沙汰なし。やっぱり面倒事を無視してやり過ごそうとするのは天下一品であるな、というわけで、今日17:00、管理組合事務所終業直前に一発Pushくれてみることにした。

件の組合總幹事、
「あーそうか、んぢゃ上階の所有者に連絡してみますかね。」と。
はい、やっぱり無視でやり過ごそうとしていたのですね。
早速、皆大好きLINEで通話かけていたが不在だったらしく、
「状態は写真含めもらっているし、連絡しておきますわ。連絡がついたらあなたに知らせますわ。」だそうで。
実は總幹事、ワシが1度目の相談に訪れるちょっと前に上階の所有者から水漏れを起こしたと聞いていたのだそうな。
ほーん、ならわずかばかりだがモメる可能性が下がるかな、ってとこか。

で、1時間ほどして、
「上階と連絡が取れましたで。措置を講じます、だそうな。」
と連絡あり。
おっ、ここまでは存外順調にいったな。モノが水漏れだしもっとゴタついて着手にすら数ヶ月かかる覚悟をしておったが。
とはいえ実際直るかどうかはまだまだわからん。水電工の見立て通りキッチン排水管なら少なくとも床タイル剥いでコンクリ掘らないと手が出せないからな。

とはいえ、先程23:00の時点で様子を見てみたら昨夜までより漏れが少ない。状況を知って考えていると思えば、こうかは ばつぐんだ、と言えようか。
まぁ修理工事の規模を思えばまだそう易易と動き出してくれるとも思い難いので、様子を見つつ折々Pushくれたらんとならんぢゃろうな。
はー水漏れはメンドーですわー。

日勤先の部長殿からは、
「あんたそりゃ直らんよ、台灣の水漏れ修理とか雑だからな。引っ越すべきだべさ」
と言われておる。
しかしだな、自分の居住地登録を移すだけでも相当に大変なのに事業所登記を移すのはキツいし、つい先日高級空調に替えて 超★快適 になったばかりだしシャワー室やトイレも入れ替えて絶好調だというのに転居はめっちゃ嫌だ。
家主殿には前住処から諸々恩義もあるし、この程度のメンドーは引き受けてしっかりガッツリ・・・とならなくても出来得る限りは直しておきたいところ。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください