便器交換

引き続き便器とシャワー室交換だ。

とりあえずで行ってみた”美麗空間“はいきなりかなりの好印象だったが、実はこの業種ではしっかりやるのが常識になっておったりするかもしれんので他も数件あたったわけだけどやっぱり雑でした、と。
TOTOの直営ショールームも近くだったので行ってみたが、やっぱセールストークのみで押しまくり形式なので辟易。

ほんじゃま美麗空間かな、と思ったところで価格見積りが入った。が、これがやっぱり高いのよ。
まずシャワーだが、ガラス厚8mmとそんなにいるのかってくらいごんぶとでなー。これはそのまま「8mmも要るんけ?」と質問返信。
便器のほうは、便器本体も尻洗い機もTOTOが選ばれているのね。
いやまぁTOTOは日本のシェアトップだし、東洋陶器の30数年ものを全く問題なく使った経験もあり信頼性もヴァッチリと言えるし、東陶といえばこっちでも著名メーカだし推すのはわからんでもない。が、もし「いやお前日本人だしTOTOを喜ぶぢゃろと思ってだな」とかだと話にならんのでこれも「便器も尻洗いもTOTOを選んだ理由はなんぢゃろか、HCGやALEXも使ってみて悪い印象はないのだが」と質問返信。
更に同様のことを家主殿にも相談してみた。

まず返信戴いたのは家主殿。
「まぁまずはもう1件は見積もりとってみて価格比較でしょうな」と。
まーそーですな、結局の所まだ1軒しか価格見積り取れていないし。
近隣で探してももう良さげなところが出にくそうなので、日勤先近くの店も回ってみた。
日勤帰りに板橋へ帰ってから訪問だと閉店しているところもあろうし、休日は休みのところも多かろうし。
ほんで、能力的には劣る感じだが営業的には問題なさそうなところで見積もってみたら、価格面では美麗空間同等。
さらに各通販サイトで調べてみると、それらの価格もほぼ同一。ふむ、価格ではどこも一緒、って感じっぽいな。

でもってさらに周囲に、水回りのこと知らんか、と投げまくっていたところ経験者とかではないが展示会で立ち会ったなどそのへんに詳しい方が居たので話を聞いてみたところ、TOTOは抜けて汚れにくい、とのこと。
おぉそうか、今の便器はサビか水垢かどうにも落ちない赤茶色の線がついてしまっているし、尻洗い機構の清掃は懸念だし、そういうことならTOTOを選ぶべきなんだろうな、と傾いた。
ここで美麗空間からの回答。
シャワー室については、ホテルタイプの枠なしだと8mmが標準。他の厚みを使うと安全面で懸念が出るし標準厚でなくなれば価格も上がりかねない。
トイレについては、TOTOが最も問題を起こさず長期信頼性がある。汚れのこびりつきもなく非常に好評。
という内容。
なるほどね、ヒアリング結果とも合っているし、トイレ一式はTOTOにしておくべきかね。
シャワー室については、家主殿から「防水壁張り直してシャワーカーテンって手も良くねぇ?」と指摘が。
そうだ、その手はワシ自身も始めは考えていたのだった。
得力屋でハードタイプの防水カーテンを見かけた覚えがあるのでそれ目的で行ってみよう、と思っていたが時間が取れずすぐにはいけなかったせいで抜け落ちでしまっておったわ。

ということで、まずは完全な止水が効かず急ぎ性のある便器交換を進め、シャワー室はしばし考えることにしたのだ。

はい、ここで長い経緯は終了。本日便器とウォシュレットの設置なのだ。

まず朝9:30、TOTOから便器とウォシュレットユニットが届く。
・・・が、便器はOKだがウォシュレットが指定機種じゃない。F1モデルのTCF4931TRを指定したのに入荷したのはSIモデルのTCF6601TR。こりゃいかん、リモコンが別体じゃなく横っちょについているやつだし、即熱式でもない。
とはいえ受け取ってしまったので、即座に美麗空間へ連絡。その応答の前に設置工事担当が来てしまった。なお彼は9:00過ぎから10:00の間に来るとのことだったのだが実際きたのは10:30を回ったところ。まぁこの辺は相変わらず雑のいい加減なんだよな。むしろ30分遅れなら早いくらいで。
日本領内だと沖縄とかに慣れている方にはなんの問題もないんだろうけど、ワシの時単価高いよ、と言いたいわホント。
で、設置担当は既に連絡を受けていたそうでウォシュレットが間違っていることは知っておった。
美麗空間の回答は「すぐ交換する」とのことで、まず便器本体の交換を進めてもらうことに。

まずは旧便器の取り外しだが、まもなく「おぉうこんなか」と小さな悲鳴が。
まぁ大した問題でもないんだろうけど、と現場を見てみると、

うん、なんか足りないね。あれだ、これは大陸のトイレを思い出す構造だ。
普通はこの穴から口径200mmくらいのパイプが出ていて、それを便器とつないで排水するので床のコンクリートが排水にふれるような構造にはならないはず。
でもこれ、今まではこのくぼみに排水叩き込んで下水に流し込んでおったのだな。こりゃあかんわ、コンクリートは結構スカスカなので水が染みる。諸々トラブルを引き起こしかねん。

で、施工者の判断は、ここできっちり構造を作ってしっかり仕上げる、というもの。
えーそれって施工費増すんじゃないの、でもやっとかんとまずいよな、と思ったその時に美麗空間からメッセージ連絡。
「排水管構造が普通とは違うので、工費が$300増えるかもしれない」
「”かもしれない”なので、施工者があなたに直接費用相談をしたら検討してほしい」
と。
思ったより1桁安いわ。$300で構造が直るなら今すぐ支払っちゃうぞ、というわけであとはもう施工者におまかせ。個人的には施工者の判断は我が意向にあうので構築し直してほしい。

結局、予定では30分くらいで完了する設置を2時間かけてしっかり構築し直し、ガッチリ設置してくれた。
持ち込みのコーキング材をすべて使ってすり鉢状にえぐれている部分もガードして水分が入らないようにしてくれた。要らぬ穴部分を完全に埋めたわけじゃないが、今後問題が拡大したりはしないだろう。
ところが追加工費の請求はなかった。すげぇサービスだな。
この工事中に正しいウォシュレットユニットも届き、12:30頃に交換完了。

電源配線は後で自分でもうちょい綺麗にまとめるつもりで、このままにしてもらった。
リモコンステーは貼ってもらったが、実際使うときはステーに納めず手持ちで使いそうだな。
掃除のときは、今まで使っていた柄付きたわしを使ってはいかんそうな。コーティングされているんだろうな。なんか食器用スポンジ的な掃除具を用意せんと。

常時チョロチョロ流れていた水がきっちり止まって何よりですわ。見えない問題も解決して快適至極。
なお、今回の施工者も割としっかり片付けてくれた。もちろん写真左下にも見えるが若干残っちゃいるけども、このへんは意識の問題なのでこれで十分でござる。
ようやくだが今はこれが普通になったのかね。いやでもほんの数年前にインターホン交換したときには壁のコンクリ屑や線材の切り屑とか完全放置だったよな。
でも非常に良い傾向。全てにおいてこれが当たり前になると移住当初の希望どおりで非常に嬉しいわ。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください