居酒屋

今年の中秋節はバーベキューなしでこもって住居の整備などしておったわけで。
ようよう規制も緩み始め風営法に当たらない飲食店は通常営業で店内飲食もできるようになったところ、高雄に居るメンツの一人が台北に来るということで台北市の居酒屋で飲み食いするべし、ということになった。

先週8日、行ってきましたわ。

場所は遼寧街の富気水産。起業の際に意見収集とか印鑑・名刺作成とかでよく界隈に行ったが、もう10年近く行っていないエリアだ。もちろんこの富氣水產も初めて。

店名が”水産”なので海鮮主体・・・ということもなくて、まぁなんでもある。やや海鮮が多めな感じはあるけども。
なにが良いかは初めてにつきわからんので、なにを頼むかは他のメンツにおまかせ。
で、序盤に刺し身盛りが来た。

デカい。
比較にライターおいたが、ぱっと見どこにあるかわからんくらいデカい。
なお、刺し身っちゅうかブツなのはまぁ、ね。
ゆでイカと鮭は他のメンツに任せて食わなかったが、カジキとマグロ赤身はかなりうまかった。炙りカジキもイケた。

わさびが無着色のおろしモノなのもたいへんよろしかった。久しぶりにわさび臭いわさび食った気がするわ。茶漬けとかそばも欲しくなった。

10月は、メンツの中に2人誕生月の者がいたので、店の好意で手まり寿司とか出てきた。ケーキ代わりということで。

盛り塩にろうそくが立っておったわけですよ。

手まり寿司を見たのが十数年ぶりなのでたいへん懐かしかったのでした。
なお味については、当地の寿司によくある酢が薄いサビ抜き。そこはまぁちと残念だけども。

酒類は中級の%350飲み放題にした。どのランクでもそれほどめぼしい酒はないのでこれで良いんじゃなかろうか、と。
その中にスペインビールがあって、ビールとしては正しくないっちゃ正しくないのだが麦のほかに米とトウモロコシを使っているビールがあった。

結構イケた。
この頃には皆若干回ってきていたので、「おぅなかなかイケるでないの」と一時流行してしまい、店の冷蔵ストックが無くなるほど皆で飲みまくってしもうた。

皆それぞれ久しぶりなこともあってワイワイやってたいへん宜しかったのだけども、残念ワシは翌日7:00出発で新店の山上へ行ってお仕事せねばならなかったので、23:30で退出、帰宅。
皆このあともどっかでなにかしたんだろうなぁ。無念ぢゃのぅ。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください