全面店内飲食禁止

件の疫病は相変わらず感染者を増やしておって困ったもんで。日勤は週2,3日しかオフィスに入れぬ。デカい設備で実機使っての確認はオフィスでしか出来ないので不便極まりないわ。

んでもってついに昨日から飲食店店内での飲食は禁止になりましてな。まーいつでもなんでも持ち帰る文化がもともとあるので店側は即対応できるとはいえ、まぁやっぱり不便なのよ。
持ち帰りそのものというより、買うための入店がね。
まず行き先トラッキングのため入店前に記名かコードスキャンするんだが、記名はいちいち手間なのでコードスキャンを選ぶと、これが台湾人皆大好きなLINEのアプリしかない。
だもんで、署名よりましだがやっぱ手間。
LINE開く – 予め登録した疫情指揮中心アカウント選択 – App.起動 – カメラ使用許可 – SMS送信許可、とどっか行くたびに都度都度やらにゃならん。メンドーさぁ。
中華アプリの常識っぽい、終了時に”終了しますか Yes/No”な手間はLINEにはないのでほんの若干は楽だが、このタッチ数の多さは勘弁だわ。

あともう一つ、入店前の検温ね。
37.5℃以上で入店不可、3回連続超過でその日再検温なし、ってところがほとんどで、この体温超えのクソ暑さでは店に行くまでに日差しにあぶられるのと徒歩運動でワシの場合フツーに38℃超えるのよ。
で、今日は近くの”鬼金棒”でつけ麺買うべ、ってことで4人で行ったのだが、ワシ2度検温不合格で3度めでかろうじて37.1℃をゲットしてギリギリ買えた次第。
その間日陰で動かずクールダウンで2,30分かかってしまってホント困ったもんだ。クールダウン、ったってワシにゃ暑くてたまらんのよ。
そういえば去年、まだ感染者がほぼなかった頃に昼食で外に出て戻ってきたらオフィスビル入り口で検温に引っかかって、20分くらいクールダウンしたことがあったなぁ、と。どうも変温動物であるらしい。
もうね、明日からはタオル持っていって冷凍庫でガッツリ冷凍して、昼はそれを持って出て首に巻くって手をとろうかと。

もーとにかく早く収まってほしいわ。
しかしなぁ、SARSのときもそうだったが国際協力出来ない/受けられないから他国より長引くんだよなぁ。
しかし国民性は防疫にはたいへんよろしくて「政府? んなもな当然大嫌いだが防疫の旗振りはしっかりガッツリ遵守しようぢゃないか」なので、そこは有利ではある。

カテゴリー: 台湾生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください